サクラ大戦中心の二次創作小説(SS)ブログです!
ご新規様向け1話リンク→ サクラ大戦~夢の通い路~第1話 サクラ大戦~alleluia~第1話

『サクラ大戦~夢の通い路~』14:第六章「命を懸けて」

『サクラ大戦~夢の通い路~』14:第六章「命を懸けて」

-夢桜・上野公園入口-グリシーヌ「…私は…死なぬ……生きて帰ると……約束したからなっ!!グロース・ヴァーグ!!!」荒波が巨大降魔を飲み込む。しかし堪えた様子は全くない。ギシィァァァァァ!!!カンナ「…化け物め…。…こいつでどうだ!!!…桐島流最終奥義っ!!」カンナが右腕を引き絞ると、同時に霊力で大地が揺れる。カンナ「公相君!!!!」

『サクラ大戦~夢の通い路~』13:第六章「闇夜の女神」

『サクラ大戦~夢の通い路~』13:第六章「闇夜の女神」

-現実世界・上野公園-ギシャァァァアァ!!!紅蘭「全弾発射っ!!」10発以上もの火砲を同時に発射する。コクリコ「それっ!いったよレニ!!」レニ「うんっ!!………ドリッター……」コクリコのネコ型気弾によって吹き飛ばされた降魔をレニが待ち構える。レニ「ジークフリード!!!」巨大かつ鋭いランスで降魔を引き裂いた。織姫「いやぁ~~っ!!!なんか皆サン、私にばっかり狙いを定めてませ~んかっ!?」

『サクラ大戦~夢の通い路~』12:第六章「負けられない」

『サクラ大戦~夢の通い路~』12:第六章「負けられない」

-夢桜・上野公園入口-ロベリア「燃えろっ!!カルド・プリジオーネ!!!」渾身の力を込めた極炎が降魔を焼き尽くす。ガァァァァァ!!!ロベリア「…っ!?しまった…っ!!」マリア「パールクヴィチノィ!!!」ロベリアの後方から飛び掛かろうとした降魔の頭部を正確に狙い、オーロラの弾丸が吹き飛ばした。ロベリア「…フッ…『ありがとう』って言えばいいのかい…?」マリア「いえ…遠慮しとくわ」

『サクラ大戦~夢の通い路~』11:第五章「自分の居場所」

『サクラ大戦~夢の通い路~』11:第五章「自分の居場所」

~現実世界~-帝劇・テラス-紅蘭「…はぁ…さくらはんがあぁなってからもう三日や…。…ウチらはどないしたらええんや…」花火「…わかりません…。わかりませんけど……皆さんを信じましょう?…信じれば必ず……」紅蘭「…そやな…。どんな科学力より、信じる力の方が勝るかもしれまへんな…」花火「……今日は満月ですわ…。…綺麗……。…空は…巴里にいても…帝都にいても……何処にいても、同じように美しく見えるのですね……ぽっ…」

『サクラ大戦~夢の通い路~』10:第五章「満月の夜」

『サクラ大戦~夢の通い路~』10:第五章「満月の夜」

そしてとうとう満月の夜…。大神「…みんな…準備はいいか?」カンナ「あぁ!腹ごしらえも済ませたし…いつでもOKだ!」グリシーヌ「必ずさくらを救出するぞ!!」ロベリア「ま…とっとと片付けちまおうぜ…」七瀬「皆さん…本当にありがとうございます…。…もう何て言ったらいいのか…」アイリス「いいのっ!これはアイリス達の意志なんだから♪」大神「…よし…行くか!!」

『サクラ大戦~夢の通い路~』9:第四章「星空のもとに」

『サクラ大戦~夢の通い路~』9:第四章「星空のもとに」

-夜-大神「………。……さくらくん…」コンコン誰かが大神の部屋をノックする。大神「あ…今開けるよ」ガチャ大神「……エリカくん…どうしたんだい、こんな時間に…?」エリカ「夜遅くにすみません…。あの~…もし今お暇でしたら…少し付き合ってもらえませんか??」大神「いいけど…どこへだい?」エリカ「ふふ…付いてきて下さい♪」そう言うとエリカは、大神の腕を取った。

『サクラ大戦~夢の通い路~』8:第四章「頑張ってください」

『サクラ大戦~夢の通い路~』8:第四章「頑張ってください」

大神「(さくらくんっ!助けに来たぞっ!!)」さくら「(だ…誰ですか貴方…?)」大神「(忘れたのかい?俺だっ!大神だよっ!!)」『フフフ…何度尋ネテモ同ジ事ダ…。ソノ娘ニハモウ貴様ノ記憶ハナイ!!!』大神「(そんな……そ…んな…。嘘だ……嘘だと言ってくれ!!!)」『フハハハハ!!アハハハハハ!!!アーアーアーアー……』

『サクラ大戦~夢の通い路~』7:第三章「理由」

『サクラ大戦~夢の通い路~』7:第三章「理由」

-夢桜・帝都-上野公園での一件の後、七瀬を含めた8人はホテルに戻っていた。マリア「それじゃ…聞かせてもらおうかしら」七瀬「はい…。…まず…先程言った通り、私もあの『桜樹』も…桜の精なのです」マリア「この……えっと…『夢桜』にも、降魔がいるの?何故私達を……」

『サクラ大戦~夢の通い路~』6:第三章「予感」

『サクラ大戦~夢の通い路~』6:第三章「予感」

-現実世界・帝都-紅蘭「…大神はん!大神はんっ!!」必死に紅蘭が寝ている大神の身体を揺する。織姫「あぁ~もうっ!!何ふざけてるで~すか!!早く起きてください!!」パンッ!織姫が大神の頬にビンタする。かすみ「あぁっ…そんな乱暴に…」由里「でも呼吸はしてるのよねぇ…」レニ「5人が全員同じ症状なんて…。…何かがあるな…」椿「…マリアさま…」

『サクラ大戦~夢の通い路~』5:第三章「桜樹」

『サクラ大戦~夢の通い路~』5:第三章「桜樹」

-上野公園-大神「…この桜樹に…さくらくんが…??」大神・七瀬達は、問題の桜の樹を見上げていた。真宮寺さくらを助け出すために。カンナ「本当にこんなとこにいるのかよ?ただの桜じゃねぇか。」腰に手をあて、はぁとため息をついた。七瀬「すみません…。私も、さくらさんがここにいるって事しか知らなくて……どうすれば出てくるとか、どうすれば中に入れるとかまでは……」