「 小説『サクラ大戦』 」一覧

『サクラ大戦~夢の通い路~』10:第五章「満月の夜」

『サクラ大戦~夢の通い路~』10:第五章「満月の夜」

そしてとうとう満月の夜…。大神「…みんな…準備はいいか?」カンナ「あぁ!腹ごしらえも済ませたし…いつでもOKだ!」グリシーヌ「必ずさくらを救出するぞ!!」ロベリア「ま…とっとと片付けちまおうぜ…」七瀬「皆さん…本当にありがとうございます…。…もう何て言ったらいいのか…」アイリス「いいのっ!これはアイリス達の意志なんだから♪」大神「…よし…行くか!!」

『サクラ大戦~夢の通い路~』9:第四章「星空のもとに」

『サクラ大戦~夢の通い路~』9:第四章「星空のもとに」

-夜-大神「………。……さくらくん…」コンコン誰かが大神の部屋をノックする。大神「あ…今開けるよ」ガチャ大神「……エリカくん…どうしたんだい、こんな時間に…?」エリカ「夜遅くにすみません…。あの~…もし今お暇でしたら…少し付き合ってもらえませんか??」大神「いいけど…どこへだい?」エリカ「ふふ…付いてきて下さい♪」そう言うとエリカは、大神の腕を取った。

『サクラ大戦~夢の通い路~』8:第四章「頑張ってください」

『サクラ大戦~夢の通い路~』8:第四章「頑張ってください」

大神「(さくらくんっ!助けに来たぞっ!!)」さくら「(だ…誰ですか貴方…?)」大神「(忘れたのかい?俺だっ!大神だよっ!!)」『フフフ…何度尋ネテモ同ジ事ダ…。ソノ娘ニハモウ貴様ノ記憶ハナイ!!!』大神「(そんな……そ…んな…。嘘だ……嘘だと言ってくれ!!!)」『フハハハハ!!アハハハハハ!!!アーアーアーアー……』

『サクラ大戦~夢の通い路~』7:第三章「理由」

『サクラ大戦~夢の通い路~』7:第三章「理由」

-夢桜・帝都-上野公園での一件の後、七瀬を含めた8人はホテルに戻っていた。マリア「それじゃ…聞かせてもらおうかしら」七瀬「はい…。…まず…先程言った通り、私もあの『桜樹』も…桜の精なのです」マリア「この……えっと…『夢桜』にも、降魔がいるの?何故私達を……」

『サクラ大戦~夢の通い路~』6:第三章「予感」

『サクラ大戦~夢の通い路~』6:第三章「予感」

-現実世界・帝都-紅蘭「…大神はん!大神はんっ!!」必死に紅蘭が寝ている大神の身体を揺する。織姫「あぁ~もうっ!!何ふざけてるで~すか!!早く起きてください!!」パンッ!織姫が大神の頬にビンタする。かすみ「あぁっ…そんな乱暴に…」由里「でも呼吸はしてるのよねぇ…」レニ「5人が全員同じ症状なんて…。…何かがあるな…」椿「…マリアさま…」

『サクラ大戦~夢の通い路~』5:第三章「桜樹」

『サクラ大戦~夢の通い路~』5:第三章「桜樹」

-上野公園-大神「…この桜樹に…さくらくんが…??」大神・七瀬達は、問題の桜の樹を見上げていた。真宮寺さくらを助け出すために。カンナ「本当にこんなとこにいるのかよ?ただの桜じゃねぇか。」腰に手をあて、はぁとため息をついた。七瀬「すみません…。私も、さくらさんがここにいるって事しか知らなくて……どうすれば出てくるとか、どうすれば中に入れるとかまでは……」

『サクラ大戦~夢の通い路~』4:第二章「桜の精」

『サクラ大戦~夢の通い路~』4:第二章「桜の精」

カンナ「なんかスゲェ事になってきたな…」エリカ「『実は熟し』ってどういう事なんですか?イマイチよくわからなくて…」七瀬「…記憶を無くす…と言えば理解しやすいと思います。完全に全ての記憶が消えた時、存在そのものが『無』となり、夢桜は一つに…」大神「………!!」その場にいた全員が、一瞬息を飲んだ。

『サクラ大戦~夢の通い路~』3:第二章「もう一つの世界…夢桜」

『サクラ大戦~夢の通い路~』3:第二章「もう一つの世界…夢桜」

大神「…ん…。…こ…こは……?」大神はゆっくり目蓋を開く。そこには見慣れた天井が広がっていた。大神「ここは…。俺は夢でも見ていたのか…。………これはっ?!なんでこんな所に!?」枕元に見覚えのある刀が添えてある。……それは正しく、真宮寺さくらの愛刀…『霊剣荒鷹』であった。

『サクラ大戦~夢の通い路~』2:第一章「夢の始まり」

『サクラ大戦~夢の通い路~』2:第一章「夢の始まり」

-日本・帝都-チュンチュンチュン…大神「んっ………はぁ~~っ!よしっ、今日も一日頑張るか!」ベッドから起き上がり、大きく伸びをして気を引き締める。大神「…これがみんなで勝ち取った幸せだ」大久保長安との死闘から早や一年。朝日のさす小窓から外を覗き込み、街の平和と希望を噛みしめる。

『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」

『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」

乙女達は夢を見た。忘れえぬ夢、消せない記憶。交錯する現実世界と夢世界。混沌の闇を光が制する時、乙女の想いは繋がる。桜の見る夢が、今始まった…。さくら「…ここは…」桜色の着物を装い、荒廃した土地に少女は1人佇む。瓦礫から除くベンチや大時計から、元は公園であったであろうことが窺える。

     
  •  
  •