『サクラ大戦〜短編集〜』:第2夜『ときめきブルーメール:その1』



-巴里・ブルーメール邸-


グリシーヌ「…優雅だ…」


彼女は自室にて、緩やかに過ぎていく時間を楽しんでいた。


グリシーヌ「…心を静め、管弦楽を聴きながら飲む紅茶は正に格別……」


そっと紅茶を口にする…壁に立て掛けている愛斧を見つめながら…。


グリシーヌ「…過ぎ去りし時も…かげかえのない足跡…。…優雅な一時は、私に新たな考え方を与えてくれるものだな…。…………ん?」


ダダダダダ………。


廊下が少し騒がしい。


グリシーヌ「……気のせいか…」


そしてカップを再び口に近付け……



エリカ「鬼さんこっちら♪」
織姫「手の鳴る方へでーす!!!!!!」
アイリス「キャハハっ♪こっちだよお兄ちゃん♪」


グリシーヌ「…ぶっ!!!!けほっ…けほっ……ま…まさか……」


あまりに突然の事態にむせ返ったグリシーヌの、あまりに嫌な予感は見事に的中する。



ガチャ!!!!



織姫「ちょっとお邪魔するでーす!!」

アイリス「なんだかドキドキするね♪♪」


グリシーヌ「な、何事だ一体!?」


エリカ「『鬼ごっこ』ですよ♪今は大神さんが鬼なんです!!」

アイリス「グリシーヌも一緒にやる?」

グリシーヌ「やるわけがなかろう!!…それより、此処が何処であるかわかっておるのか…?いつ忍び込んだ!?」

エリカ「どこって…グリシーヌさんのお家ですけど…」

織姫「忍び込むなんて失礼でーす!!さっきタレブーサンにも許可もらいました!!」

グリシーヌ「私に断らず、よくもそうぬけぬけと…。タレブーは一体何を考えておるのだ…」

グリシーヌの顔は呆れ返っていた。

アイリス「グリシーヌのお家はおっきいから鬼ごっこにピッタリなんだよ♪」



大神「もう…皆どこに行ったんだ…」



エリカ「あっ!!大神さんが来ますよ!!みなさん早く隠れて下さいっ!!」

ごそ…

織姫「もう!!仕方ないですねぇ…」

ごそごそ…

アイリス「じゃあグリシーヌ!アイリス達が隠れてる事お兄ちゃんに言わないでねっ!!」

ごそごそごそそ…


グリシーヌ「ちょっ、ちょっと待て!!…それに、それは俗に言う『かくれんぼ』なのでは…」



コンコン


大神「グリシーヌ!ちょっといいかい?」

ドアの向こうから困り果てた声がする。


グリシーヌ「っ!?あ…あぁ…」


ガチャ


大神「やぁグリシーヌ。ちょっと聞きたいんだけど…」

グリシーヌ「…あ、アイリス達なら此処にはおらぬぞ!」

大神「あれ?なんで聞きたい事がわかったんだ?」

グリシーヌ「へっ?!あ、あぁ…え、えと…あのだな………そう!!先程《まで》此処にいたのだ!!」

大神「そうか…。じゃあ、何処に行ったか知らないか?」

グリシーヌ「あぁ、アイリスはそのソファーの裏、織姫はバスルーム、エリカは暖炉の中に……」

大神「ほっ、本当かいっ!?」

グリシーヌ「…はっ!!いっ、いたら良いのにな!!はは…」



織姫「(あの『馬海賊娘』何やってるでーすか!!)」

ひそひそ…

アイリス「(せっかく隠れたのにぃ~っ!!)」


グリシーヌは極端に嘘が苦手だった。


エリカ「(もうこうなったら逃げましょう!室内だっしゅあるのみですっ!!)」

ひそひそひそそ…

アイリス「(そうだね…。…よぉ~しっ!!)」



ぐらっ



するとソファーが大胆に傾く。


大神「…あっ!!アイリス!!よーし…!!」

大神はアイリス向かい一直線に走り出す。


グリシーヌ「やはり…『鬼ごっこ』なのだな…」


ダダダダダダッ………!!!!


アイリス「アイリス絶対捕まんないもんっ!!」


大神「アイリス捕まえ………ったぁぁぁぁぁ!?」


大神がアイリスを追い詰めたその刹那、彼女は霊力の結晶となり、部屋の入り口までテレポートをしたのだ。


大神「そんなのありかぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?!?!?!?」


しかし、当然のように大神の勢いは止まらない。彼は真っ直ぐ壁に立て掛けてある『戦斧』へと………



ドガン!!!!!


パリン!!!!!


ぱらぱら……



エリカ「おっ、大神さんっ!?!?」

織姫「これまたド派手にやっちゃいましたね…」

アイリス「お兄ちゃん……生きてる…?」



果たして大神の運命は…?そして戦斧の運命はっ…!?



     
  •  
  •