『デレマス革命 1st STAGE〜ヒーローショー〜』:第3話『勧誘:*(Asterisk)』



-休憩所-


未央「さぁ〜て、まずは誰から…」

少女二人を引き連れ、
腰に手を当てキョロキョロ辺りを見渡す少女…もとい、総監督が一人。

未央「おっ?」

何かを発見し、聞き耳を立てた。


みく「ちがうもん!絶対コーヒーにはミルクいれるもん!」

李衣菜「みくちゃんのわからず屋!!コーヒーはブラックがロックなんだよ!!」

自動販売機の前で、まるで路上の犬猫のように「うぅ~」と唸り合っていた。


みく「でも、李衣菜ちゃんブラックコーヒー飲めないじゃん!!」

李衣菜「えっ…い、いいんだよ!微糖ならセーフなの!!」

みく「そんなの無茶苦茶にゃ!」

李衣菜「そっ、そんなこと言ったら、みくちゃんだっていつもココアばっかりで、コーヒーなんか滅多に飲まないじゃん!」

みく「にゃっ!にゃにゃにゃにゃ…!!」


売り言葉に買い言葉。あーでもないこーでもないと、二人の喧噪は休憩所を制圧していた。



未央「はいはい!2人ともストーーップ!!」

そこに救世主・未央が割って入る。


みく「あっ、未央チャン!それに凛チャンと卯月チャンも!みんな聞い……」

李衣菜「聞いてよみんな!やっぱりコーヒーは、ブラック…(微糖含む)…だよね!?」

みくを押しのけ、李衣菜は主張した。

みく「ちょ、ちょっと待つにゃーー!コーヒーには絶対ぜーーったいミルクが必要にゃ!!」

すぐさままた口論は再開された。



未央「あーもうわかったわかった!!それはあとでゆ~っくり飲み比べしてあげるからさ!!…今日は、2人に良い話があるんだ!」


『良い話』というキーワードを耳にし、ピタッと二人の動きは止まった。

2人「「良い話(にゃ)?」」


未央「はい、しまむー説明っ!」


卯月「わっ、わかりました!島村卯月、頑張ります!!えぇと……かくかく……しかじかで………」

所々噛みながらも、ジェスチャーを交え必死に説明する卯月。



李衣菜「なるほど…。へぇ〜、ヒーローショーか!!面白そうだね!!」

みく「みくも小さい頃、パパにデパートとか連れて行ってもらったにゃ!『Nice!!プリティア』とか『美少女闘士スカートムーン』とか…」

凛「あっ、それ私も観たことあるよ。一緒に踊ったりするんだよね」

みくは「そうそう」と頷きながら、月に代わっておしおきしそうなポーズを決めた。



未央「よし!じゃあ一緒にやろう!!子供たちやファンの皆にさ、いっぱい夢を届ようよ!!」


李衣菜「いいよ!私はやっぱり、ロックでクールな女戦士がいいなぁ…」

みく「みくももちろんOKにゃ!みくは猫の精霊を宿したお姫様がいいにゃあ…」


未央「オッケーオッケー!配役はプロデューサーと相談しておくね!…………まぁ、きっと2人は悪役だと……ふかふがっ!」

凛はこれでもかというくらい未央の口を押さえつけた。


みく「ん?なにか言ったにゃ?」

凛「ん、んーん!なんでもない!」

卯月「れれれ、練習は来週から始まるみたいだから、また連絡するねっ!じゃあ行こっ、凛ちゃん!」

未央「ふがががが…!!」

凛「じゃ、じゃあまたねっ!」


未央の口を塞いだまま、彼女たちは木枯らしのようにその場を立ち去った。


みく「一体なんだったにゃ?」


李衣菜「さぁ……。…まぁとりあえずさ…コーヒー飲もっか。ミルク、入れてみようかな…」

みく「李衣菜ちゃん…。…みくも、ブラックコーヒー飲んでみるにゃ!」

李衣菜「ふふっ…。じゃあ、一緒に飲も!」

みく「…うんっ!」


2人は笑顔で自販機にコインを入れた。



次回

張り切って執筆中!

     
  •  
  •