『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』12:最終節『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』



大神「結果発表~~~っ!!!」


ぱちぱちぱちぱ…


グラン・マ「お前たち、この一週間本当によく頑張ったね。アタシは嬉しいよ」


大神「観ているこっちが手に汗握ってしまったよ」

少し照れながら頭をポリポリとかいた。


大神「コホン。…試合は3-2で、チーム巴里の勝ちだっ!!!」


ぱちぱちぱちぱちぱ…


エリカ「えっ…私達勝ったんですかっ!?」

カンナ「おいおい、今頃気付いたのかよ…エリカが決勝点を決めたんだぜ?」

エリカ「きゃぁぁぁぁ!!!エリカ大感激ですっ!!…ブイッ!!!」



ロベリア「…勝ったのはアタシ達だ。さっさと『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』とやらをよこしな」


さくら「あっ、そういえばそんなのありましたね…」

シー「ヒューヒュー!!グラン・マ、はやく教えてくださいよぉ♪」


グラン・マ「あぁ、その約束だったからね」


グラン・マがそう言うと、後方からとても聞き慣れた声がした。



「いい試合を観せてもらったぜ。やっぱりやってよかったなぁ」


大神「っ?!…この…声は…」

コクリコ「米田のおじちゃん!!!」

マリア「なっ、なんでここにいるのですかっ!?」


米田「なんでって…もともとこれは、俺が計画した事なんだぜ?」

紅蘭「巴里の歓迎会やのに口出したんか…」


ロベリア「…そんな事はどうでもいい!とっとと『思わず泣けてくる…』あぁもう全部言うのがめんどくさい!!早く出しなっ!!」


米田「あぁわかったわかった!!…ちゃんと人数分あるからな……ほらよ」

米田は綺麗に包装された15cm四方くらいの木箱を、巴里の面々に手渡した。


すみれ「なんだか随分と小さいですわね」

織姫「それだけ価値がある、って事で~すか??」



木箱を受け取ると、ロベリアは何も言わず直ぐさま包装を破り蓋を開けた。


ロベリア「……なっ!?!?!」


コクリコ「…これって…」

アイリス「えっ!?なになに?中身何だったの??」


エルザ「この臭い…思わず泣けてくる……これは正しく……」




花火「……『たまねぎ』……ですね…」



………。



グリシーヌ「もはや呆れて言葉も出ぬ…」


カンナ「たまねぎ…『思わず泣けてくる』のはわかるけどよぉ、一体これのどこが『素晴らしい賞品』なんだよ??」


米田「バッキャローー!!!たまねぎってのはな、農家の方々が、汗水ながして一生懸命心を込めて栽培して下さってるんだ!!手に取るだけで泣けてくる、素晴らしい賞品じゃねぇか!!」


レニ「確かに……思わず泣けてくるほど…素晴らしい賞品ではあるね」



ロベリア「…フ…フフフ……」


エリカ「ん?あら…ロベリアさん…??」


ロベリア「フ…フハハハ……!」


由里「…壊れちゃったのかしら…」


ロベリア「アハハハハハハ!!!!」


米田「な、なんだ?面白かったか!?いやな、俺も面白いと思ってたんだよ!」


ロベリア「あぁ…面白いよ…。……面白すぎて……」

笑いが止むと同時に、ロベリアは両手に炎を練り出した。


メル「ま…まさか……ロベリアさん…??」



ロベリア「…ぶっ殺してやる…」


ミキ「ロベリアさん…眼が…眼が……」


米田「なっ!ちょっ、ちょっと待てロベリア!これには深~い訳が……ないけど…」

米田は一歩、また一歩と後ずさりをする。


ロベリア「…たまねぎを見るたび思い出せ……死の恐怖を!!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


マリア「ロベリア、少し落ち着きな………熱っつ!!」


米田「熱っち!!大神!助けてくれ!!」

走って逃げ出す。


ロベリア「待ちやがれー!!!!」

炎を纏いそれを追う。


大神「これはもう止められないな…」

グリシーヌ「放っておけ隊長」

コクリコ「じゃあ…もう一度、ちゃんとした歓迎会やり直そっか?」

花火「そ、そうですね…」

グリシーヌ「ならば我が屋敷に来るがよい。最高のパーティーを開いてやろう。」

大神「ありがとう皆」


カンナ「とりあえず何か喰わせてくれよ…あたいもうさっきから腹が鳴っちまって……」

すみれ「さっきからサイレンが鳴っていたと思ってましたけど…カンナさんの腹音でしたのね」

カンナ「にゃにゃにゃ、にゃんだとぉ~!?あたいの腹音がそんなでかいわけねぇだろっこのドンケツ女っ!!」

すみれ「ドン…っ!?なっ、なんですってぇ!?」


大神「まぁまぁ二人とも……」


二人「(隊長・中尉)は(黙っててくれ・おだまりになって)!!!」


大神「…はい…」


マリア「さぁ皆!歓迎会を開いてくれるそうだし、一度屋敷に戻りましょう!」


皆「おーーーっ!!!」



こうして、一週間に渡る『サッカー大戦』は幕を閉じた。




迫水「加山君…僕達、ほとんど出番がなかったな…」

加山「古人曰く…『紺屋の白袴』ですよ」




米田「いいから誰か助けてくれぇーーー!!!」


ロベリア「絶対に逃さねぇ!地の果てまで追いかけてやる!!待ちやがれーーーー!!!」




おしまい♪




『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』-完-




一話まとめ
・サクラ大戦~alleluia~

『サクラ大戦~alleluia~』1:「-プロローグ-」
風雷の轟音響く闇の中、彼女は地を這う。「…わ……わらわは…死なぬ……」…嵐の夜だった…。…しかしここは物音一つしない。するのは彼女の吐息と木々が擦り合う不気味な音のみ。「…あ……あのお方の…野望が……叶うまで…わらわは死なぬ……死ぬ事は…許されぬ!!」それは妖しい美貌を持つ女。その頬が傷だらけになろうとも、忠誠を誓ったあの男を蘇らせるために、彼女は唱える。

・サクラ大戦~夢の通い路~

『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」
乙女達は夢を見た。忘れえぬ夢、消せない記憶。交錯する現実世界と夢世界。混沌の闇を光が制する時、乙女の想いは繋がる。桜の見る夢が、今始まった…。さくら「…ここは…」桜色の着物を装い、荒廃した土地に少女は1人佇む。瓦礫から除くベンチや大時計から、元は公園であったであろうことが窺える。

・サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』1:第1節『巴里の休日』
米田「…じゃそういう事で、宜しく頼んだぜ」 グラン・マ「はいよ。任せときな」 グラン・マは電話を切る。 グラン...

・『サクラ大戦〜短編集〜』:『温泉パニック』

『サクラ大戦〜短編集〜』:第1夜『温泉パニック:その1』
-帝劇・大浴場- …ちゃぽん…… 大神「…はぁ……やっぱり冬は風呂に限るな…」 ただ今入浴中の大神……とい...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする