『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』11:第11節『純心/決着の1ゴール』



帝都・巴里共に一歩も退かず、2-2のままとうとうロスタイムに突入してしまった。


~後半・ロスタイム~

エルザ「コクリコっ!」

エルザが逆サイドに切り返す。

コクリコ「…絶対いれなきゃ…もう時間がないよ…。アイリス!どいてっ!!」

コクリコの前にアイリスが立ち塞がる。

アイリス「どかないもん!アイリスがとめるもん!」

コクリコ「む~~……それならっ!!えいっ!」

コクリコは爪先でポンッとボールを浮かせ、アイリスの左手に的確に当てた。

アイリス「あっ!!」

ピーーッ!!


ロベリア「いいぞ!フリーキックだ!!」


ゴールまでは約30M。十分に直接狙える距離だ。


マリア「あの状態からハンドにさせるなんて…上手いわね」

アイリス「ごめんね、みんな…」

アイリスは申し訳なさそうに下を向く。

すみれ「まぁ…今のは仕方がないですわ」

さくら「そうよアイリス。…さぁ!ここで点をとられないように、気合い入れて守りましょう!!」

アイリス「……うんっ!アイリス…やっぱりみんなのこと大好き♪」

アイリスは満面の笑みを浮かべた。




グリシーヌ「…皆!恐らく…これが最後のチャンスだ!全員上がれ!!」

チーム巴里のキャプテンであるグリシーヌが、全員に指示を出す。


花火「わかったわ……ぽっ…」

エリカ「はいはいはーい!!エリカ、上がりまーーすっ!!!……ってあれ!?こんな所にウサギさんが…」

エリカがふと足を止め視線を下げると、足影からウサギがひょっこり顔を出していた。



ロベリア「(…で?誰が蹴るんだい?)」

ヒソヒソ…

グリシーヌ「(私でもよいのだが……ここはコクリコでいこう。1番コントロールが良いのでな)」

ヒソヒソ…

コクリコ「(ボク?…うん、わかった!!任せといて!絶対入れるからっ!!)」



エリカ「こんな所にいたら危ないですよ?ほら、ちょっと離れてて下さいね♪」

エリカはウサギを抱き抱えると、公園の端の茂みに連れて行った。



コクリコ「……よしっ!準備OKだよイチロー!!」

大神「わかった!じゃあいくぞ……」



エリカ「ばいばいウサギさん♪またどこかで会いましょうね♪」

エリカが手を振ると、ウサギは軽く会釈をして茂みの奥に消えていった。

エリカ「さてと……。……ん?…あーーーー!!もう始まっちゃう!!!」



ピーーーッ!!!


コクリコ「…ふぅ~…」

深呼吸をし、狙いを定めた。

コクリコ「…いくよ!!とりゃあぁぁ!!!」

コクリコの蹴ったボールは緩い弧を描き、かなりのスピードでゴールの隅に向かっていく。



エリカ「はぁ…はぁ…ちょっと待ってくださーーーい!!!」

エリカは後方から、まるで腹を空かせた猛獣のように、全速力で皆の元へとダッシュする。



カンナ「あたいをナメんなよ…?…絶対止めてやるっ!!」



エリカ「ひぃ…ひぃ…もぅ…なんで…私って…いつも…ドジなんだ…ろう…」


タッタッタッタッタッ…



カンナ「……今だっ!!届けぇーーー!!!」

カンナは思い切り左手を伸ばす。

カンナ「おりゃぁぁぁぁ!!!」



バシィィィッ!


そして拳に力を込め、全力で弾いた。


グリシーヌ「くっ…惜しい!!しかし、まだボールは生きておる!!」



エリカ「ひぃ…ふぅ…やっと到着………あぅっ!!!!!」

エリカは全速力で走っていたため、惰性の勢いで足首を捻り吹き飛ぶようにつまづく…。



カンナ「誰か拾ってクリアしてくれ!!」

すみれ「あんな所に……っ!?」

弾かれたボールの着地点…そこにはちょうど誰もいなかった。……たった今までは。



エリカ「助けて下さぁ~………ってきゃぁぁぁあ!!ぶつか………ふぎゃっ!!!」


ドゴガッツン!!!



バシュゥゥゥ…!!



パサッ…



コロコロ…



ロベリア「…な……」

コクリコ「うそ……」



ピーーーッ!!



ポカーン



エリカ「あぃたたた……。エリカまたやっちゃいましたぁ~……ぐすん」



カンナ「…完全に…虚を突かれた……」

グリシーヌ「ダイビングヘッドならぬ、ダイビングフェイスとは……」


…そう。『塞翁が馬』と言うべきか…。勢いよく転んだ(吹き飛んだ)エリカの、《顔面》とボールがタイミングよく衝突し、とてつもなく高速なダイビングヘッド…もといダイビングフェイスが放たれたのだ。



ピッピッピーーー!!!


大神「そこまでっ!試合終了だ!!」



エリカ「…あれ?どうしたんですか皆さん?私の顔なんかジロジロ見て…。はっ!もしかして私の顔にボールの跡がついてて、可笑しくて心の中で笑ってるんですねーーっ!?ひどい…。」

エリカの瞳が潤む。



さくら「ふっ…ふふふ……」


皆「あはははははっ!!!」


エリカ「あっ!やっぱり……皆さんヒドイですー!…うぐっ…」


皆の額に流れる汗は、嘘偽りなく青空のように澄んでいた。




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』12:最終節『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』
大神「結果発表~~~っ!!!」 ぱちぱちぱちぱ… グラン・マ「お前たち、この一週間本当によく頑張ったね。アタシは...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする