『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』10:第10節『愉快な後半戦』



前半・ロスタイムでのマリアの活躍により2-1、チーム帝都がリードで後半が始まった。


~後半・5分~

グリシーヌ「まずい…まずいぞっ!このままでは……」

タレブー「お嬢さま…ここはこのタレブーにお任せを…」

グリシーヌ「なんだと?…まぁよい、イチかバチかだ!!タレブーっ!」

グリシーヌからタレブーにボールが渡った。

タレブー「メイドの力を見せるざます………はぁぁぁぁぁぁ!!!」


紅蘭「はっ、速っ!!なんちゅう速さやっ!?」

グリシーヌ「な…なんという事だ…」

ロベリア「おぃおぃなんてキャラ設定だよ……責任とれんのか筆者は…」


タレブーはとてつもない速さとテクニックで、あっという間に5人ほど抜き去ってしまった。

タレブー「いくざますエリカっ!!」

タレブーはエリカに低めの素早いパスを出した。


エリカ「まっかせてくださいタレブーさん!!いきますよぉ~~………たぁっ!!!」

カンナ「来やがれっ!!」


バシュゥゥゥ……


勢いのあるシュートがゴール目掛けて一直線に飛んで行く……が、


…キィィィィ!!



シー「…ふぎゃっ!!!」

エリカ「あぁーーーー!!私とした事が…また足が滑ってしまいましたぁ~……てへっ♪」


グリシーヌ「『てへっ♪』……コホン(照)。ではないっ!!貴様ぁ~~!!!」

シー「いったぁーーーい!!!」

コクリコ「今の決定的だったのにぃーー!!」

シー「うぅぅぅ……」

花火「まぁ、誰にでも失敗はある事ですし……」

シー「痛いよぉ……痛いですぅ……」


ロベリア「…もぉ~我慢できねぇっ!!エリカ!アタシとポジション変われっ!!」

シー「ぉょょ……」

エリカ「えぇ~っ!?エリカ『ふぉわーど』がいいです~…」

シー「もうダメかもぉ……」

ロベリア「いいやダメだ!!このままじゃ確実に負ける!!変われ!命令だっ!!」

シー「痛かったぁ~……」

エリカ「わかりました…ぐすん」


大神「(…はっ!?シーくんに何処からともなくスポットライトが…)」


シー「…どぉせ…どぉせみんな、あたしの事なんか…ただの『代わりなんていくらでもいる、メイド服着たケーキ好きの可愛い売り子』くらいにしか思ってないのね……。あたしの身体を…弄んでただけなのねっ…!!」


メル「し…シー?大丈夫…?」

シー「…め…め…め……メルぅーーーー!!めりゅ~~~~!!!」

メル「めりゅって…」

シーはおもいっきりメル…もといめりゅに抱き着いた。

めりゅ「ちょっ、こんな所で抱き着かないのシー!!…ていうか名前違います!!」

すみません。


大神「あの~そろそろ再開してもいいかな?」

メル「あ…はい!ほら、もう泣かないの!」

シー「うん…ありがと」


由里「絶対できてるわね…あの二人」

由里の瞳は爛々と輝いていた。



~後半・12分~

ロベリア「決めてやる…アタシが決めてやる!!!」

アイリス「ロベリアが燃えてるよ…。レニ!近付いちゃだめだよっ!!」

レニ「でも………熱っ!!ほ、ホントに燃えてる…」


DF全員がロベリアの熱に負け道を開けた。


カンナ「ばかやろっ!!なんで避けんだよっ!!」


ロベリア「…ボールを見るたび思い出せ……」


カンナ「へっ?なんだって…??」


ロベリア「死の恐怖をっ!!フィアンマ・ウンギア!!!」


カンナ「あぁなるほどなぁ~…って!なんで死ななきゃいけねぇんだよっ!!」


バシィィィッ!!!


とてつもないボールであったが、ど真ん中であったためカンナはなんとか受け止めた。


カンナ「へっ…どうだ………んっ?」

プスプスプス……


カンナ「…おわっ!熱っち!熱っつ!!………あ……」


ピーーーッ!!


あまりの熱さにカンナは手を放してしまい、まさかのオウンゴールとなってしまった。


グリシーヌ「よしっ!!これで2-2だ!!」


すみれ「あんのゴリラ女……!!!」


この場はマリアとかえでの必死の仲裁により、なんとか内紛は避けられた。



次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』11:第11節『純心/決着の1ゴール』
帝都・巴里共に一歩も退かず、2-2のままとうとうロスタイムに突入してしまった。 ~後半・ロスタイム~ エルザ「コクリ...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする