『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』7:第7節『試合開始!!』



-試合開始30分前・サッカー場-


帝都と巴里は試合に向け、ウォーミングアップをかねて最後の練習をしていた。


ロベリア「…おい、グラン・マ」

グラン・マ「?どうしたんだい?」

ロベリア「ちゃんと『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』は用意してあるんだろうね??」

グラン・マ「もちろんさ。盗まれちゃ困るからね、試合が終わるまでは表に出さないよ」

ロベリア「フッ…そりゃどうも…」

ロベリアは不適に微笑むと練習に戻った。


大神「支配人、ちょっといいですか?」

グラン・マ「おやおや今度はムッシュか…。なんだい?」

大神「自分は審判なのですが、実はあと二人、ラインズマンが必要なんです…」

グラン・マ「ふふ、その事なら心配はいらないよ」

大神「えっ?」


迫水「久しぶりだね大神くん。ラインズマンは僕に任せてくれたまえ。あと一人は既に日本から呼んである」

大神「さっ、迫水大使!!…日本からって…まさか……」


「冷たいぞぉ大神ぃ!!困った時は、1番に親友を頼るべきだろぉ~!!」

大神「やっぱり…。でもお前、サッカーほとんど知らないんじゃなかったのか…??」

加山「…古人曰く、『枯れ木も山のにぎわい』と言うじゃないか。いないよりいいだろ?」

大神「そりゃそうだけど……大丈夫か…??」



アイリス「う~…アイリスなんか緊張してきちゃった…」

レニ「緊張しないで、リラックスしてやろう」

さくら「そうよアイリス。勝ち負けなんかより、皆で楽しくやる事の方が大事なのよ?」

アイリス「…そうだね。なんか少し楽になってき……」


すみれ「いいえ!!勝敗が全てですわ!!勝たなければ何も意味がありませんことよ!特にあの海賊娘には……」

すみれは側に寄るなりいきなり割り込むと、また遠くに行ってしまった。


アイリス「…やっぱり…」

さくら「ちょっとすみれさん!そんな言い方……」

カンナ「あんなサボテン女の言う事なんて気にすんなって!!あんまり深く考えるな。な?」

アイリス「…うん…!ありがとう、カンナ♪」



コクリコ「いっくよー!それっ!」


エリカ「たぁっ!」

スカッ

花火「きゃあ!」

スカッ

ロベリア「フン…」

バシュ!!


コクリコ「やっぱりロベリアは上手いなぁ!!…それに比べて…」

エリカ「ヘディングってムズカシイんですねぇ~…」

花火「こんな大技、私にはとても…」

ロベリア「ただのヘディングのどこが大技なんだ。…ったく…絶対に勝たなきゃいけないのによ」

グリシーヌ「其方は賞品欲しさだけであろう」


エルザ「まぁまぁ…。もう少しで試合始まりますよ?」




-そして-


大神「じゃあ両チームのキャプテン、握手してくれ」

グリシーヌ「なっ、何故隊長とこんな所で……!!」

あっという間に赤面したグリシーヌが慌てて答える。

マリア「あの…多分私とだと思うわよ…」

グリシーヌ「へっ?そっ…そんな事はわかっておる!!冗談だ!!」

顔を真っ赤にしながらグリシーヌはマリアと握手を交わした。


マリア「よろしくね」

グリシーヌ「フッ…手加減は無用だぞ」


大神「…一応歓迎会なので、帝都ボールで始める。前半後半ともに20分だ!皆、準備はいいか!?」


エリカ「もうバッチリです!!」

さくら「いつでもいいですよ!!」


大神「よし!!それでは……試合開始!!」


ピーーッ!!!


さくらが軽く蹴り出し、試合が始まった。




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』8:第8節『球蹴る乙女…前半戦』
大神「(とうとう始まったな…。思えばこの一週間…皆は死に物狂いで練習していた…。サッカーを通じて、一つでも何かを感じてくれればいいん...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする