『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』5:第5節『到着…そして再会』



あれから一週間…。ついに帝都の面々が巴里に降り立った。


紅蘭「…来たでぇぇーー!!久しぶりの巴里や!!」

さくら「どっ、どうしたの紅蘭!?そんなに大声だして……」

紅蘭「くくく……実はな、明日のサッカー対決用に秘密兵器を用意してあるんや…。今からそれ使うのが楽しみで楽しみで…くふふ…」

カンナ「ど~でもいいけど、爆発だけはやめてくれよな?」

紅蘭「安心しなはれカンナはん。爆発っちゅうより暴発って感じや♪」

レニ「暴発っ!?」

マリア「ほらほら。待たせちゃ悪いし早く行くわよ」

紅蘭「すみまへんな!今行くで!!」


大神「秘密兵器…大丈夫なのか……」



-15分後・シャノワール前-


エリカ「はっやく、はっやく、来ないかなぁ~♪大神さんが、来ないかなぁ~♪」

妙な曲に合わせて、何度も同じ歌詞を口ずさみながらそわそわしている。

グリシーヌ「少し落ち着けエリカ。見苦しいぞ」

エリカ「だってだってぇ~!!大神さんや帝都の皆さんにもうすぐ会えると思うと、もう寝ても起きてもいられなくて……」

コクリコ「それを言うなら『居ても立ってもいられない』でしょ!!」

絶妙なタイミングでコクリコがツッコミをいれる。

グリシーヌ「まったく…。あの男に久々に会うというだけで、何をそんなに……」

ロベリア「その割には、今日はやけに髪形に気合い入ってんじゃないか」

グリシーヌ「わ、わかるか??……ではない!!いっ、いつもと同じではないか!!」

顔を真っ赤にしながら斧を構える。


花火「…あっ!来ましたわ!!!」

花火が叫ぶと、向こうから懐かしい面々がこちらに歩いてくる。


アイリス「わぁコクリコだぁ!!レニ行こっ!!」

レニ「うんっ!」

アイリスとレニがコクリコの元に走っていく。


エリカ「お久しぶりです大神さーーーん!!」

大神「わっ!!ちょっエリカく……」

さくら「…むっ!?…よ、よかったですね大神さん。感動の再開ができて」

エリカが勢いよく大神に抱き着くと、さくらは物凄い形相で大神を睨んだ。

大神「えっ?えっ?」


すみれ「お久しぶりですわね。…えぇと…すみません、名前が思い出せませんわ」

グリシーヌ「なっ…!?そ、其方は相変わらず下品…いや、元気なようで何よりだ」

すみれ「なっ?!何ですって!!」

グリシーヌ「私は真実を述べたまでだ!!」

こちらは早くも火花が散っていた。



ミキ「あれが大神さんかぁ…」

エルザ「まぁまぁね」

ミキ「優しそうな人だね」

エルザ「もう少し身長が欲しいわね…」

ミキ「………」



グラン・マ「よく来たねお前達。もう聞いてると思うけど、明日の正午、『帝都巴里対抗サッカー大会』を行うからね。皆長旅で疲れているだろ?今日はゆっくり休むがいいさ」

グリシーヌ「私の屋敷に皆の部屋を用意してある。ついて参れ」

言われるままに、荷物を持った帝都の面々は、グリシーヌ・花火・タレブーの後に続いた。


ロベリア「隊長、アタシは部屋で待ってるからね。いつでも歓迎してやるよ。……久々に、一夜を二人で過ごしましょう♪それじゃあねっ!チュッ♪」

急に声色を変え、投げキッスをするとロベリア…もとい、サフィールはシャノワールへと戻っていく。

大神「ロベリア………あぃたっ!!」

さくら「大神さん…見損ないました…。もう知りませんっ!!」

大神の背中をおもいっきり抓り、さくらはグリシーヌ達の元へ走っていった。

大神「ごっ、誤解だよさくらくん!!…はぁ~…」

大神は既に疲れきっていた。



大神「…お久しぶりです支配人」

グラン・マ「フフ…元気そうだねムッシュ。ちょっと見ないうちに一段と男前になったじゃないか」

大神「そっ、そんな……」

グラン・マ「本当だよ。ほら、ムッシュにも部屋を用意してあるから、早く荷物置いてきな」

大神「でも…グリシーヌの屋敷に泊まるのは初めてなんで、なんだか緊張しちゃって…」

グラン・マ「何言ってんだい。アンタはいつものアパートだよ」

大神「えっ!?皆と一緒じゃないんですかっ?!」

グラン・マ「当たり前だろ。また覗きなんかされたらたまんないからね。ガッカリしたかい?」

大神「い…いえ…では失礼します…」

アパートへ向かう大神の背中は、どこか淋しげであった。




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』6:第6節『決戦当日』
-午前11時・シャノワール-     そして決戦1時間前。巴里・帝都はそれぞれ別れ、最後のミーティングをしていた。     グラン・マ「…皆集まったね。それじゃあ一応、もう一度各自のポジションを確認しておくよ。       FW:左エリカ、右シー

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •