『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』4:第4節『練習、練習、また練習!』



-日本・帝都-


すみれ「ちょっとさくらさん!何度言ったらわかりますの!?シュートは全て、トッ…………プスタァのこの私が決めますわ!さくらさんはボールを持ったらすぐ私に貸し……」

さくら「すみれさん全然シュート決まらないじゃないですか!!あたしの方が上手いんだから、あたしが決めます!ベェーーっ!!」

すみれ「なななっ!?も、もう堪忍袋の緒が切れましたわ!!」


大神「おっ…おいおい、二人共落ち着……」

二人「(大神さん・中尉)は(黙っててください!・お黙りになって!)」

大神「はい…」


帝都も巴里同様に練習を繰り返した。そのかいあって早めに大体のポジションは決まったのだが、ミニゲーム中の些細なミスから、さくらとすみれが喧嘩を始めてしまったのだ。


マリア「二人共いい加減にしなさい!サッカーはチームプレイなのよ。チーム内で喧嘩してどうするの!」


すみれ「くぅ~!!さくらさん!私とFWの座を賭けて勝負ですわ!!」

さくら「えぇわかりました!受けて立ちます!!」


アイリス「マリア…あぁなった二人は、もう止められないよ…」


紅蘭「なんやなんや?勝負やて?!」

カンナ「相変わらずサボテン女は威勢がいいな」

すみれ「お黙りゴリラ女っ!!…勝負はPK対決ですわ。5本蹴って、多くゴールした方が勝ち…。いかがなさって?」

さくら「いいですよ!負けませんから!!大神さんはキーパーお願いします!!」

大神「おっ、俺っ!?」


織姫「なんだか醜いで~すね」

かえで「まぁいつもの事だけどね」



-1本目-

すみれ「いきますわよ…。たぁっ!」

大神「うわっ!」


さくら「せーの…えいっ!」

大神「いぃっ!?」


2人のシュートはいとも簡単にゴールネットを揺らし、5本終了時も決着がつかなかった。


すみれ「延長ですわ!決着がつくまで続けますわよ!!」

さくら「もちろんです!それと大神さん!しっかりしてくださいね!!」

大神「…まだやるのかい??…もう…いいんじゃないかな??」

二人「ダメです(わ)!!」


レニ「大変だね、隊長も」

由里「まぁ大神さんなら大丈夫でしょ。不死身だし」

椿「不死身だったんだ…」



すみれ「27本目ですわっ!」

大神「はぐっ!!」


さくら「42本目です!!」

大神「ぐごっ!!」



アイリス「お兄ちゃんが可哀相…」

紅蘭「あれも隊長の勤めなんや。見守ってやらんと」

アイリス「そうだね…。頑張れ~お兄ちゃん!!!」


大神「そんな事な…がぐっ!!」



すみれ「63本目!!」

大神「ふぎゃっ!!まだ…やる……むぎっ!!」


さくら「80本目っ!!」
すみれ「99本目っ!!」


大神「ダメだ…死ぬ……」


すみれ「や…やりますわねさくらさん。中尉もボロボロですし、次の100本目を最後にしませんこと??」

さくら「そ、そうですね…」


大神「待って…待ってくれ……」



すみれ「それ100本目!!」

大神「ぼやじゅっ!!」


さくら「100本目シュートっ!!!」

大神「げきていっ!!」



皆「おぉーーーっ!!」


さくらのシュートは大神の顔面に当たり、微かに弾かれる。この時点ですみれのPK対決勝利が確定となった。



さくら「あっ……」

大神「もうどうにでもしてくれ……」


アイリス「おっ…お兄ちゃんが…」


さくら「すみれさん…あたしの負けです。FWの座は譲ります…」

すみれ「ふぅ……一体何の事ですの?そんな昔の話、もう忘れましたわ」

さくら「すみれさん…!!」

すみれ「私をここまで追い詰めるとは、さくらさんもやりますわね。一緒にFWを頑張りましょうじゃありませんか!!」

さくら「すみれさんっ!!」

すみれ「さぁさくらさん!あの夕日に向かって、二人でドリブルですわ!!」

さくら「はいっ!!あの夕日は、あたし達の未来なんですね!!さぁ、行きましょう!!!」


カンナ「おぅおぅ、盛り上がってるとこワリぃが、あっちで隊長が『使い込まれたあげく、無惨に捨てられたボロ雑巾』みたいになってるぜ」


さくら「へっ?あっ!大神さーーん!!!」

すみれ「やはり私はトッ…………プスタァですわね…」



由里「やっと丸く収まったわね」

マリア「こ、これでいいのかしら…」


織姫「私お腹ペコペコで~す。今日はもう帰りませ~んか?」

かえで「そうね…じゃあの三人おいて帰りましょうか!」


帝都の面々も決戦に向け、血の滲むような(?)練習を積んでいた。




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』5:第5節『到着…そして再会』
あれから一週間…。ついに帝都の面々が巴里に降り立った。 紅蘭「…来たでぇぇーー!!久しぶりの巴里や!!」 さくら「ど...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする