『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』2:第2節『帝都の休日』



~日本・帝都~


「郵便でーす!」

さくら「あっ、ご苦労様です」

桃色の着物がとてもよく似合う女性・さくらが郵便を受け取る。

さくら「何かしら…。っ!?ちょっと皆ぁ~!!」



-食堂-


帝劇はちょうど昼食時であった。

さくら「皆さん!これ!!」

カンナ「どうしたどうした?宝クジでも当たったのか?」

さくら「違いますよ!これ見てください!!」

大神「ん?っ!巴里の皆からだ!!」

紅蘭「ホンマか!?来週巴里に行くのに、なんやろ一体」

マリア「どうしたのかしらね急に」

すみれ「とりあえず読んでみてくださいな」

大神「あぁわかった。どれどれ……」

大神は封筒を破り、中の手紙を読み始めた。


『はいはいはーい!!もうすぐ帝都の皆さんが巴里にやって来るという事なんですが、遊びに来たら、ちょっと歓迎の意味も込めて、『帝都巴里対抗・サッカー大会』をすることになりました!!例えて言うなら、『帝都の皆さんと巴里の皆さんで、サッカーの試合をする』って感じです!!』


大神「ぜ、全然例えてないじゃないか…相変わらずだなエリカくん…」


『それに伴い、帝都の者達も、選手11名を集めてほしいのだ』


織姫「なんか急に口調が変わったで~す」

すみれ「た、たぶん海賊娘が取り上げたのですわね…」

カンナ「サッカー大会か。おもしろそうじゃねぇか!」

すみれ「サッカーなんて野蛮ですわ。トップスタァのこの私が、そんな事するとお思いになって?」


『……と、紫の成り金娘ならば言うと思うが、』


すみれは椅子からずり落ちた。


『ちゃんと賞品を用意しているらしい。私も何かは知らぬのだが、なんでも『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』らしいのだ。その賞品は、かの有名なフランス皇帝・ナポレオン1世…(以下略)』


由里「なんか凄いじゃない!私は出るわ!!」

アイリス「アイリスもでる!なんか楽しそう!!」

マリア「たまにはスポーツをするのも良いわね」

椿「サッカーなんて久々だなぁ♪」

さくら「レニはどうするの??」

レニ「ボクも…構わないよ」

カンナ「よっしゃ!いっちょやるか!!隊長も出るだろ!?」

大神「あぁ!もちろん!!」

さくら「ん?最後に何か書いてありますよ??」


『言い忘れたが女性限定なので、隊長は出てはならぬ。隊長は審判を頼むぞ。それでは、巴里でまた会おう』



大神「…出れないのか…」

さくら「…げっ、元気出してください大神さん!」

アイリス「アイリス、お兄ちゃんの分も頑張るよ!」

大神「あぁ、そうだね…」

少し泣きそうな大神であった。


織姫「11人はど~するで~すか?」

マリア「私達8人と、3人娘と…合わせて11人でいいんじゃない?」

かすみ「あっ…あの…」

大神「?どうしたんだいかすみくん?」

かすみ「…私…どうしても昔からスポーツは苦手で…。サッカーとかは特に…」

カンナ「あぁ、気にすんなって!誰にでも得意不得意はあるもんだ」

かすみ「すみません…」

かすみは申し訳なさそうに答える。
かすみは
紅蘭「ほんなら、どないしよか?あと一人…誰か……」


「ちょっとみんな!私の事忘れてない??」


カンナ「……いた」

かえで「サッカーやるならやるって、1番に私に言ってよね!」

大神「か…かえでさん…サッカーできるんですか??」

かえで「ふっふっふ……甘いわよ大神くん。その昔、私のサッカーのあまりの腕前に、周りはいつからかこう呼ぶようになったわ…。『ボランチのかえで、此処に在り』と…」


皆「おぉ~~!!」


一同は驚きの声をあげる。

さくら「すっごい戦力じゃないですか!!決まりですね!大神さんっ!!」

大神「あ…あぁ!!皆、当分の間舞台もないし、今日からサッカーの練習だ!!」


皆「おぉーーっ!!」


こうして帝劇の面々も、皆一丸となりサッカーの練習を始めた。


すみれ「……トップスタァのこの私が、いつの間にか皆さんのペースに……」




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』3:第3節『巴里は練習しているか』
-フランス・巴里-     グラン・マ「まずはパスワークの練習からだよ。慣れてきたらどんどん距離を開いておゆき」   サッカー場にグラン・マの声が響き渡る。   コクリコ「え~、試合しようよ試合!!」   ぶ~ぶ~不満そうに言った。

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする