『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』1:第1節『巴里の休日』




米田「…じゃそういう事で、宜しく頼んだぜ」

グラン・マ「はいよ。任せときな」

グラン・マは電話を切る。

グラン・マ「フフ…さてと……」

キネマトロンを手に、彼女は不敵な笑みを浮かべていた。




『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』




-支配人室-

グリシーヌ「グラン・マ、話とは一体何だ?」

エルザ「あたし達まで呼びだすなんて、珍しいわね」

コクリコ「まさか、また怪人が現れたとか?!!」

エリカ「はっ…!!もしかして……私達全員……クビですかっ!!??」

シー「えっ?!そんなぁ~!!」


グラン・マに呼び出された巴里の面々は、あ~でもないこ~でもないと騒ぎ立てていた。


グラン・マ「少し静かにおし!今日は良い知らせだよ。来週、帝都の皆が巴里に来る事になった。定期視察研修のためにね」

エリカ「えーーっ!本当ですか!!??また大神さんに会えるんですね?!」

ミキ「大神さんかぁ…会ってみたいな」

花火「それでは、また歓迎会をするのですね??」


グラン・マ「そこで、だ。ただ歓迎したんじゃ面白くないからね。歓迎の意味も込めて、近くのサッカー場で『帝巴対抗・サッカー親善試合(女性限定)』を開こうと思うんだ。どうだい、わくわくするだろう?」


ロベリア「けっ…くだらない。アタシは御免だね」

花火「私も、スポーツはちょっと……」

グラン・マ「まぁそうくると思ったからね、ちゃんと用意してあるよ。『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』をね…」


ロベリア「……………なんだって?」

突然ロベリアの目つきが変わった。


メル「『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』とは、一体なんなのですか??」

一同がグラン・マを覗き込む。

グラン・マ「フフ…驚くんじゃないよ?お前達、ナポレオン・ボナパルトは知っているね?」

グリシーヌ「当たり前だ。彼は我がフランスの英雄だ。知らぬはずがなかろう」

グラン・マ「かつてそのフランス皇帝ナポレオン1世が『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』を見た時には、あまりの素晴らしさに三日三晩泣き通し、その翌朝に凱旋門の建造を思い立ったとも言われているんだ」

グリシーヌ「なっ!?なんだとっ?!」

コクリコ「ねぇ、もっと具体的に教えてよ!!『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』って何!?」

グラン・マ「フフ…それは……」

皆「それは……??」



グラン・マ「秘密だよ」


一同ズッコケる。


エリカ「教えてくださいよぉ~~!!」

グラン・マ「なんてったって『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』だからね。そう簡単には教えられないさ。試合に勝って確かめな」

ロベリア「フッ……おもしろい。おい花火!お前も出な!!命令だ」

花火「めっ、命令っ!?」

花火の瞳が潤む。

エルザ「でもサッカーって11人でやるものでしょう?皆が出たって、あと二人も足らないよ?」

シー「そうですねぇ…。じゃあ、花屋のコレットでも……」


??「それには及ばないざます」


皆「「っ?!」」


突然皆の後方から声がした。皆が振り返ると、そこにはメイド服を着た老婆が一人……。

グリシーヌ「タっ、タレブー!!」

エリカ「タレブーさん!いつの間に入って来たんですか!?」


タレブー「今さっきざます。それより、選手が足りないのなら、私が出てあげるざますよ」

ロベリア「おいおい…走れるのかよ?ポックリいっちゃうんじゃないだろうな…」

タレブー「心配は無用ざます。こう見えても私は、いつ何時でもお嬢様をお守り出来るように、日頃から鍛えているのざます」


ミキ「す…凄いですねタレブーさん…」

コクリコ「よかった!じゃああと一人か…。やっぱりコレットかな」

メル「そうですね。それなら、私が誘って来ます」

シー「あっ、私も私も!!」

メルとシーが部屋を出ようとする。

グラン・マ「おいおいお前達。さっきから一人忘れてないかい??」

花火「えっ……1、2、3……。タレブーさんを入れても、やっぱり10人ですけど…」

グラン・マ「まったく…。ここにあと一人いるじゃないか」


エルザ「?ここって…。…まさか…」

グリシーヌ「グラン・マも…出るのか…?」

グラン・マ「当たり前じゃないか。こう見えても運動は得意なんだよ」


シーン


グランマ「ちょっ…なんだいなんだい?不服そうだね皆」

コクリコ「そ、そんな事ないよっ!ね、ねぇ??」

ミキ「え、えぇ…もちろん!」


エリカ「…まぁ、でもよかったですね!!なんだかエリカ、わくわくしてきました!!」

グリシーヌ「やはり、やるからには勝たねばならぬな」

シー「ヒューヒュー!!皆さん!!頑張りましょうね!!」


皆「おーーっ!!!」



ロベリア「…待ってろよ、『思わず泣けてくるほど素晴らしい賞品』…」



こうして巴里の面々は、一週間後の試合に向けて、早速練習を開始した。




次回

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』2:第2節『帝都の休日』
~日本・帝都~     「郵便でーす!」   さくら「あっ、ご苦労様です」   桃色の着物がとてもよく似合う女性・さくらが郵便を受け取る。   さくら「何かしら…。っ!?ちょっと皆ぁ~!!」

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする