『サクラ大戦~alleluia~』16:「-エピローグ-」



エリカ「これでよしっ……っと…」


天海達との戦いから二日後。エリカ達は当初予定していた通り、グラン・マ(迫水つき)へ日頃の感謝を込め手づくりカレーをご馳走する事にしたのだ。


コクリコ「うん!あとはグラン・マと迫水のおじさんを呼んでくるだけだね!」

エリカ「あっ、じゃあ私呼んできますよ!!」

タッタッタッタッ…

グリシーヌ「ならば、ドアには気をつけるのだ……」

-ゴンッ!-

花火「少し…遅かったみたいね…」

エリカ「…いったぁぁーーーい!!!うぐっ……ドアさんがいぢめたぁーーー!!」


ロベリア「…結局、何も変わらず仕舞いか」

コクリコ「まぁ、それがエリカのいいトコなんだけどね」



~そして~


エリカ「…さぁさぁ!こっちですよ!はやくはやく!!」

グラン・マ「はいはい…。?!おやおや…どうしたんだい、こんなに派手に飾り付けなんかして…」


グリシーヌ「グラン・マ、いつも迷惑ばかり掛けてすまぬな。感謝しているぞ」

ロベリア「残りの刑期帳消しにしてくれたら、もっと感謝するけどね」

花火「ちょっ、ロベリアさんっ!…グラン・マ、私達をいつも見守っていてくれて、本当に有難う御座います」

コクリコ「あっ!迫水のおじさんもだよ!!いつもボク達の面倒見てくれてありがとね!!」


グラン・マ「お前達……」

迫水「本当にいい子達ばかりだね、シャノワールは」


エリカ「はいはいはーい!!これからも、たっくさん迷惑掛けちゃいますけど、宜しくお願いしますね!!」

グラン・マ「なに宣言してるんだい。ほらほら、せっかくのカレーが冷めちゃうよ。早く食べようじゃないか」

コクリコ「うんっ!!じゃあ二人共、座って座って!!」



エリカ「コホン。え~、それでは皆さんご一緒に!いっただっきま~す!!」


皆の顔は綻んでいた。



エリカ「でも、ロベリアさんがカレー作るの上手なんてビックリしましたよ!!」

シー「意外ですよねぇ~」

メル「こらシー!そういう事言わないの!」

グリシーヌ「まぁ、人間誰しも一つは特技があるものだからな」

ロベリア「ちっ…いちいちうるさいんだよ!」


エリカ「それに聞きましたよ、ロベリアさん!天海の攻撃で私が気を失ってしまったとき…ロベリアさんは『ちくしょ〜!』って言いいながら、立ち向かって行ってくれたんですよね?!私なんかのために……。エリカ感激ですっ!……むぎゅっ」

ロベリア「あぁもぅうるせぇな!!いちいちくっつくなよ!!」

シー「そうですよぉ!ロベリアさんはなんだかんだで、エリカさんのことが大好きなんですからっ!ヒューヒュー♪」

グリシーヌ「照れるでないぞロベリア。気持ちは素直に表すべきだ」

ロベリア「だからうるせぇっての!!お前、そろそろ助けないとまた酒飲ませるぞ」

グリシーヌ「うっ…」


コクリコ「あははは!!…あ~あ…イチローも一緒にお祝いできたらいいのになぁ~」

花火「今度、皆で一緒に帝都に遊びに行きましょう?その時にまた、カレーを作って差し上げれば良いのではないでしょうか??」

グリシーヌ「それは良い考えだな。前回の戦いの事も聞けるしな」


エリカ「…あの~…」

コクリコ「ん?どうしたのエリカ?」

エリカ「はい…。私、あれからずっと考えてたんです。大神さんが来てくれたのは……私達が神に、心から大神さんの助けを願ったから……神が奇跡を起こしてくれたのではないでしょうか…?」

ロベリア「そんな夢みたいな話あるわけないだろ。大体、アタシは神なんか信じちゃいないよ」

グリシーヌ「いや…しかし、皆の願いで心と霊力が一つになり、奇跡が起きたのかもしれないな…」

花火「きっとそうですよ…。信じる心は、奇跡をも起こします」

コクリコ「絶対そうだよ!!イチローもボク達を信じてくれてるはずだし!!」

ロベリア「……奇跡…ね……」


エリカ「私は奇跡だって信じてます。そして…その奇跡を、私達シスターの間ではこう呼ぶんです…」

コクリコ「えっ!?なになにっ??」


エリカ「それは……」


花火「それは……?」



エリカ「…ヒミツですっ!!さぁ!今日はおもいっきり楽しみましょうね!!」

エリカはスクッと立ち上がった。

グリシーヌ「なななっ!!教えろ!!言わなければ斬るっ!!!」

コクリコ「気になるよぉ~!!教えてっ!!」

グリシーヌは斧まで構え、コクリコと共に逃げるエリカを追い掛ける。

エリカ「ヒミツでー…《ゴンッ》…いったぁーーーい!!!!またやっちゃいました……ぐすん」


花火「…ふふ……。…こういう時間を…きっと幸せと呼ぶのですね…」

ロベリア「やれやれ…。まぁアタシも……悪くはないよ」




この後、巴里華撃団は帝都に戦地を移す事となる。

だがたとえ何処に戦地が移ろうとも、巴里華撃団がいる限り、巴里はいつまでも温かな花の都で在り続けるだろう…。




…奇跡…


…それは『幸せ』へと姿を変えるもの…

…そしてそれは『起きる』ものではなく『起こす』もの…



…愛する人を護るために…

…仲間と創る未来のために…




…信じる心が、巴里に奇跡をもたらした…




…それでは最後に…




あなたに幸あれ…




-ハレルヤ-




『サクラ大戦~alleluia~』-完-




一話まとめ
・サクラ大戦~alleluia~

『サクラ大戦~alleluia~』1:「-プロローグ-」
風雷の轟音響く闇の中、彼女は地を這う。「…わ……わらわは…死なぬ……」…嵐の夜だった…。…しかしここは物音一つしない。するのは彼女の吐息と木々が擦り合う不気味な音のみ。「…あ……あのお方の…野望が……叶うまで…わらわは死なぬ……死ぬ事は…許されぬ!!」それは妖しい美貌を持つ女。その頬が傷だらけになろうとも、忠誠を誓ったあの男を蘇らせるために、彼女は唱える。

・サクラ大戦~夢の通い路~

『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」
乙女達は夢を見た。忘れえぬ夢、消せない記憶。交錯する現実世界と夢世界。混沌の闇を光が制する時、乙女の想いは繋がる。桜の見る夢が、今始まった…。さくら「…ここは…」桜色の着物を装い、荒廃した土地に少女は1人佇む。瓦礫から除くベンチや大時計から、元は公園であったであろうことが窺える。

・サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』1:第1節『巴里の休日』
米田「…じゃそういう事で、宜しく頼んだぜ」 グラン・マ「はいよ。任せときな」 グラン・マは電話を切る。 グラン...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする