『サクラ大戦~alleluia~』15:最終章「愛の御旗のもとに」



天海「くだらぬ友情ゴッコで一体何が変わるというのだ!!さぁ来い、巴里華撃団!!」


コクリコ「くだらなくなんてない!!人は友達と一緒にいると楽しいんだ!笑えるんだ!!みんなみんな、ずっと笑っていたいんだ!!」

天海「ふっ、哀れな。楽しいだと?所詮は誰しも、己が事のみ崇高し、己が事のみ保身する。それを偽る人間共には、神の天罰が必要なのだ!!」


コクリコ機は天照による小爆発を上手く避けながら突き進んでいく。


コクリコ「(イチローは、いつでもみんなの事を一番に考えてくれるよね。…ボクもイチローみたいになりたい!頑張るから…だからお願い!ボクに力を貸して!!)」


天海「チョロチョロ五月蝿い鼠め……死ね!!」


コクリコ「夢へ続けっ!ルヴェ・ル・リドー!!!」


マジックショーでのコクリコの友達……動物達の思いが霊力となり天照を吹き飛ばした。


天海「っ!?…くぅぅ!!猪口才な!!」



ロベリア「アンタ……ホントいい性格してるよ。アタシはさ……アンタみたいなのが、一番嫌いなんだ!」


天海「っ…!!…貴様ぁっ!!」


目にも留まらぬ速さで天照の背後に周り込んだロベリア機を、天照は振り向きざまに薙ぎ払う……が、ロベリア機は後ろへ跳びそれを避け、即座に攻撃態勢を取った。


ロベリア「少しはアイツを見習いな!!食らえ!コンブスティオーネ!!!」


ロベリア機より発せられた劫火の如き炎は、天照の鎧を焦がしていく。


天海「ぐはっ……。…な、なぜだ……あの男が来て……一体何が変わったというのだ?!?!」



グリシーヌ「仲間を信じる心は、何事にも負けぬ力となるのだ!!あの男が…皆にそれを教えてくれた!!仲間を持たぬ貴様に、知り得るはずがなかろう!!」


グリシーヌ機は大きく飛び上がる。

グリシーヌ「(…隊長、私は自分の誇りのために戦うのではない…。皆と…隊長と共に守ったこの巴里のために、私の誇りを架けて戦うのだ!…私に力を貸してくれ…隊長!!)」


天海「っ!!」


グリシーヌ「はぁぁあぁぁぁ!!轟け!ブルー・ラド・マレ!!!」


落下と同時に戦斧を振り下ろすと、霊子エネルギーが高波となり天照を飲み込んだ。


天海「ぐぁぁあぁぁ!!………はぁ…はぁ…小賢しい奴らめ…。……調子に……乗るなぁぁああぁぁ!!!!」


今再び六星剛撃陣が光武達を襲う。 



花火「…春風の…音の調べに誘われて……君と彷徨う、恋の道かな…」


言葉と共に生じた花火機による霊子エネルギーの爆発が、天照の光を見事に防いだ。


花火「大神さんは言ってくれました…『もう一人じゃない』って…。そして巴里の皆さんが教えてくれました…私は一人じゃないって!!私はもう、誰一人失いたくありません!!」


天海「…愚か者が!!信じられるのは己のみ!所詮この世は強欲と嫉妬に満ちているのだ!!」


花火「愚かなのはあなたです!皆がいたから、今の私がいる……大神さんがいたから、今の私がいるのです!!」


天海「ぐぬぬ…ほざけ!青二才が!!!」


天海は怒りで我を無くし、一直線に花火機へ向かっていく。


花火「……矢のように速やかに…弓のようにしなやかに…時の流れに心を重ね……」


天海「死ねっ!!!!」


花火「射抜け!落下流水!!!」


天照が目と鼻の先に迫った瞬間、花火は渾身の弓を射た。


天海「……っ!?」


そしてそれは電光石火の如く天照を貫き、やがて天照の光は消えた。


天海「っ!!うっ、動かぬ!!こっ…こんな…愚民どもに……!!」


花火「エリカさんっ!!」
ロベリア「今だっ!!」



エリカ「……大神さん…私は心から…あなたを愛しています…。私はもう、自分に負けません。皆がいてくれる……大神さんが、いつでも傍にいてくれるから…」


エリカ機から、直視できぬ程の眩しい光が発せられる。まるでそれは、星空に舞い降りた女神のようであった。




-作戦指令室-

シー「…綺麗……」

メル「見ているだけで心が癒されるようね……」

グラン・マ「あの子は強くなった……本当に強くなったよ。……頑張るんだよエリカ。もう平和はすぐそこだ」




エリカ「巴里の未来は……私達が守ります!!!」


ロベリア「なんて霊力だ……。これが…エリカの力……?!」


エリカ「神よ…力を貸してください……」


コクリコ「すごい…すごいよエリカっ!!!」


エリカ「巴里の皆…力を貸してください……」


天海「どっ、どこに……奴のどこにこんな力が……!?」


エリカ「…大神さん!!私に力を貸してください!!!」


光が一点に集まる。


コクリコ「いけっ!!」
グリシーヌ「全てを終わらせるのだ!!」



エリカ「…愛の御旗のもとに……奇跡よ起これ!パラディスク・ポルト!!!!!」


エリカ機を天使の翼が包み込み、同時に聖なる光が天照に降り注いだ。


天海「…っ!?!…ぐぁぁぁぁあ!!!…まだだ!!…まだ我の野望は……」


エリカ「…私達の未来は…私達が創ります!!!」


天海「…まだだ……ま……だ………」


そして天照と天海は完全に消滅した。

完全に
エリカ「……。…大神さん…ありがとうございます……」




エリカ達は光武F2を降り、勝利の喜びを分かち合った。


コクリコ「やったねエリカ!!」

花火「本当に凄かったですわ……見直しましたよ」

エリカ「そんな…。皆さんと大神さんがいてくれたから……」

グリシーヌ「…そう言えば、私達を救ってくれた隊長は一体何だったのだ…幻か…?」

ロベリア「…そんな事はもうどうでもいいじゃないか…。…隊長は隊長だよ…」

コクリコ「そうだよ!!それよりさ!いつものアレ、やろうよ!!」

花火「いつもの…ですわね?」

グリシーヌ「それならば、今日はエリカが決めるがよい」

エリカ「えっ?!私でいいんですかーー!?」

花火「もちろんですよ。頑張って下さいね。」

エリカ「わかりました!エリカ・フォンティーヌ、いきます!!…勝利のポー………あっ、ロベリアさんもちゃんとポーズとって下さいね?」

エリカを除く面々がズッコケる。

ロベリア「はいはい!わかってるよ!」

エリカ「それではいきますよ……」


皆は微笑み、幸せを噛み締めていた。


エリカ「勝利のポーズ……」



「「決めっ!!!」」




次回

『サクラ大戦~alleluia~』16:「-エピローグ-」
エリカ「これでよしっ……っと…」 天海達との戦いから二日後。エリカ達は当初予定していた通り、グラン・マ(迫水つき)へ日頃の...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする