『サクラ大戦~alleluia~』14:最終章「奇跡の光」



グリシーヌ達の光武F2はもはや限界だった。


天海「…ち…まだ生きておるのか。死にぞこないめ」


エリカ「…お…お……がみ…さ…ん……」


天海「完全に消し去ってくれるわ!!六星剛撃陣!!!」

再び黄金の輝きが光武F2に迫る。



グリシーヌ「…隊…長……」

コクリコ「助…けて……イチロー……」

花火「大神…さん……」

ロベリア「……隊長ぉ!」


エリカ「……大神さぁーーーーーーーん!!!!!!」


その時エリカ達から赤・青・橙・緑・紫の光が生じた。
それらは眼前で一つに纏まり純白な光球となる。
そして光球はやがて、懐かしい純白の機体に変化し、エリカ達をかばうように霊力の壁を創造した。


天海「なにっ!?き、貴様はっ!!!」



「天海っ!!!俺達が…巴里華撃団がいる限り、巴里の街を貴様の好きなようにはさせん!!」



エリカ「…そんな…うそ……こんな奇跡が……」



「狼虎滅却……震・天・動・地!!!!!」



機体から発せられた純白の輝きは、天照の六星剛撃陣を押し切り天海を遥か先へ吹き飛ばした。



グリシーヌ「…そ…んな…ありえぬ…。隊長…隊長なのか!?」

コクリコ「イチロー!!!」

花火「夢じゃ…ありませんよね??」

ロベリア「…一体どうなってんだい?」

エリカ「……大神…さん…」


大神「…やぁ。久し振りだなみんな」

エリカ「大神さん…大神さぁ~ん!!」

大神「わっエリカくん!こんな時に抱きつ……」

花火「エリカさん、危な……」

-ゴンッ-

大神機とエリカ機はじたばたしている。

コクリコ「あっ!エリカずるーい!!」

ロベリア「ほら、海賊娘も飛び付いてこいよ」

グリシーヌ「なっ…!?貴様っ!!斬る!!!」


エリカ達は、いつの間にか自分達の体力が戻っている事に気付いていなかった。


大神「いたたた…。みんな相変わらずだな。安心したよ」

エリカ「でも奇跡みたいです…。いつ戻ってきたんですか!?!」

大神「いや、それが……。……!?」

大神の機体が再び輝き出した。


大神「……。グリシーヌ!!」

グリシーヌ「っ!?なっ、なんだ?!」

大神「グリシーヌ、君は誰にも負けない誇りを持っている。その誇りを必ず守るんだ。巴里を、巴里の人々を…君の誇りの巴里を、必ず守るんだ!!」

グリシーヌ「…私の…誇り…?」


大神「コクリコ!…君の笑顔は皆を幸せにする。動物達も君の事を待っているんだ。だから頑張れ!コクリコの…皆の笑顔のために!!」

コクリコ「皆の…笑顔…」


大神「花火くん。…フィリップさんだって、俺だって…君には仲間が皆付いている!大丈夫…君はもう一人じゃない。皆で巴里を守るんだ!」

花火「大神さん……」


大神「ロベリア…。…君は変わった。今は誰よりも仲間を信頼し、心から護ろうとしている。信じる気持ちを力に変えるんだ。君ならできる!」

ロベリア「…相変わらず暑っ苦しい奴だよアンタは…。…嫌いじゃないけどね…」


大神「…エリカくん」


エリカ「は、はいっ!!」


エリカはピンと背筋を伸ばす。


大神「エリカくん。俺が君を副隊長に任命したのは、巴里を護ろうという信念と、皆を護りたいという想いを、誰よりも持ち合わせているからだ。…君は弱くない。自分を信じるんだ!!……たとえ遠く離れていても、俺はいつでも君の傍にいる……。巴里の皆と、俺達二人で創った力を見せてくれ!!」

エリカ「自分を…信じる……」


大神「みんな!!気持ちを一つに…巴里の皆と心を一つにするんだ!!そうすれば、正義は必ず勝つ!!」


グリシーヌ「…あぁ!任せろ!」

コクリコ「わかったよイチロー!!」

花火「私は…もう絶対に負けません!」

ロベリア「フッ…やっぱりアンタは最高だね…。…やってやるよ」

エリカ「大神さん…。わかりました!!」


大神の機体が足下から徐々に消え始めた。


大神「……俺からの、巴里での最後の命令だ!…皆、全員必ず帰還せよ!!巴里華撃団・出撃!!!」


皆「了解っ!!」


そう言うと大神は機体と共に消えた。


天海「…ク…クククク…。消えたか。…貴様らに一体何ができる??先となんら状況は変わっておらぬのだぞ!!??」

彼女達の視界の先に、またもや天海が立ちはだかる。


エリカ「私達は…絶対に負けません!…巴里の平和は、巴里華撃団が守ります!!」


天海「そうか……ならば見せてみよ!何が変わったのかを!!」


そして終結へ向かい、彼女達は立ち上がった。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』15:最終章「愛の御旗のもとに」
天海「くだらぬ友情ゴッコで一体何が変わるというのだ!!さぁ来い、巴里華撃団!!」 コクリコ「くだらなくなんてない!!人は友...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする