『サクラ大戦~alleluia~』13:最終章「圧倒」



エリカ「グリシーヌさんとコクリコと私で、なんとか天海の守りを崩します!ロベリアさんと花火さんでトドメをっ!!」


花火「わかりました!」
ロベリア「了ー解!」


エリカ「祈りなさいっ!うりゃあ!!」

走りながらマシンガンを連射する。

天海「そうだ…我を楽しませてくれ!!」

グリシーヌ「戯れ事を…。朽ち果てるがよい!!」

コクリコ「いくよーっ!マジーク・ボンボン!!」

後方から戦斧で斬られ、猫型の気弾により天照は体勢を崩した。


エリカ「今ですっ!!」

天海「…ククク…いいぞ…もっとだ!もっと抗ってみろ!最期のな!!かーっかっかっかっ!!!」


ロベリア「ほざくのも大概にしな」

瞬時に間合いを詰めたロベリア機は、天照の眼前で真上に飛ぶ。

花火「御覚悟!北大路花火、二の舞……落下啼鳥!!」

鷹を象る矢が天照を射抜く。

ロベリア「…炎を見るたび思い出せ……」

ロベリア機は再び天照の眼前に降り立った。

ロベリア「死の恐怖を!フィアンマ・ウンギア!!」

ロベリアの十八番が、天照に大きく焼けた爪痕を残した。


グリシーヌ「よし、やったか!?」

花火「……やはり…そう簡単にはいきませんね…」

天海「…カカカカ……この程度か…この程度で我に挑むとは……」

天照が右腕を前に翳す。


天海「千・年・早いわっ!!!!!!!!」

そして右腕を振り払うと天照の真正面にいたエリカ機の地面が爆発した。


エリカ「っ!!!」


コクリコ「エリカっ!!」
花火「エリカさんっ!!」


エリカ「きゃぁぁあぁぁあああ!!!」


グリシーヌ「エリカーーーっ!!!」

エリカ機は抵抗する間も無く、まるで糸の切れた人形のように停止した。


ロベリア「っ!!ちっくしょう!!!本気で怒ったよ!!ああぁぁぁあ!!!」

ロベリア機の眼前に黒い光球が作られる。

ロベリア「デモン・ファルチェ!!」


グリシーヌ「貴様ぁーー!!フュリー・ネプチューン!!」


ミロクを撃破した死神・海神の気弾が、今再び天照に命中した。

ロベリア「はぁ…はぁ…どうだい?…っ!?」


グリシーヌ「微動だに…せぬというのか…?!」


天海「無駄だというのがまだわからぬか??」


花火「たとえ力の差があったとしても…私達は負けられません!!一の舞……金枝玉葉!!」

コクリコ「絶対負けないもんっ!!みんな、出ておいで!!!」


菊を象る矢とネコ型ミサイルが一直線に天照に向かう……が、天照の眼前に現れた【紅色の機体】によってそれは防がれた。


グリシーヌ「っ!?生きていたのか?!!」

ロベリア「しぶとい奴だねぇ…」


ミロク「…天海…様…、ご無事…でしたか……わらわは…いつまでも……天海様の…お傍に……」

ミロク機は天照の前に倒れ込んだ。


天海「…誰が……」


ミロク「……え…?」


天海「誰が!貴様の助けなど必要だと言った!!役立たずめ…目障りだ、消えるがよい!!!」


ミロク「っ!!そっ、そんな!?!天海様!!おやめください!!天海様!!天…海……さ……ま……」


天照はほんの一瞬で、孔雀…もといミロクを消し去った。


花火「そんな…仲間を……」

コクリコ「ひどい…」

ロベリア「…こんなに胸糞悪いのは初めてだよ」

グリシーヌ「やはりあ奴は…絶対に許せぬ!!」


天海「…もうよい、もうよい。遊びは終わりだ!終わらせてくれる!!」

天照が金色に輝きだす。


天海「…目に物見よ、奈落の極み!六星剛撃陣!!!」


グリシーヌ「っ?!皆伏せろ!!!」


すると天照を中心に辺り一面を黄金に輝くドーム状の光が包み込んだ。


辺りは荒れ地と化し、ノートルダム寺院も完全に消え去っていた。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』14:最終章「奇跡の光」
グリシーヌ達の光武F2はもはや限界だった。天海「…ち…まだ生きておるのか。死にぞこないめ」エリカ「…お…お……がみ…さ…ん……」天海「完全に消し去ってくれるわ!!六星剛撃陣!!!」再び黄金の輝きが光武F2に迫る。

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする