『サクラ大戦~alleluia~』12:最終章「決戦の刻」



エリカ「ロベリアさん…大丈夫でしょうか…」

コクリコ「大丈夫だよ、きっと…」

花火「……。…あ……来ましたよ!…っ!あれって…まさか……グリシーヌ!!」

コクリコ「え!?わぁ!!二人共無事だったんだ!!」


遠くから傷だらけの光武2機が、ゆっくりと近付いてきた。

エリカ「…グリシーヌさん……二人共…よかった…よかった……」

エリカはぺたんと膝をつき、安堵の表情を浮かべた。


グリシーヌ「皆、心配をかけたな……私はもう大丈夫だ」

花火「ふふ…。ロベリアさんもご無事でなによりですわ」

ロベリア「フ…肌はボロボロだけどな」


エリカ「ぐ…ぐり…グリ…しぃぬ…しゃん…。うぐっ……グリシーヌさぁーーんっ!!」
エリカ機がグリシーヌ機に飛び掛かる。

グリシーヌ「ばっ、馬鹿者!!光武で抱き着くヤツがい……!?」

ゴンッ!

重量がある故、抱き着かれたグリシーヌ機はエリカ機と共に倒れ、じたばたしている。


ロベリア「やれやれ…」




-作戦指令室-

シー「ヒューヒュー!!やりましたね!!グリシーヌさまも戻ったし、巴里華撃団絶好調じゃないですかぁ♪」

シーはメルの腕に捕まりながらピョンピョンと跳びはねている。

メル「ちょ、ちょっと落ち着いてシー。まだ戦いが終わったわけじゃないんだから…」

グラン・マ「その通りだよ。天海って奴を倒さなきゃ、勝ったとは言えないさ」

シー「わっ、わかってますよぅ…」

シーは少し赤面した。


迫水「ですがこれでやっと、本来の花組に戻った……という感じですな」

グラン・マ「そうだねぇ…。…ミロクってのが相当強くなっていたようだからね。恐らく天海も格段にパワーアップしているだろう」

メル「大丈夫ですかね…」

グラン・マ「あの子達ならきっと大丈夫さ」




「フフフ…見事であったぞ、巴里華撃団とやら」

コクリコ「っ?!」

花火「出ましたね…」


すると空間が裂け、赤紫の紋章と共に、真紅の第三の瞳を持つ白髪の老人が現れた。


ロベリア「アンタが天海か。フン、どんな色男かと思ったら、こんな老いぼれだとはねぇ。がっかりだよ」

グリシーヌ「その程度の妖力だとはな。…私一人でも十分だ。…成敗してくれるっ!!」

グリシーヌ機が突進し、戦斧で薙ぎ払う。


グリシーヌ「っ!?消えた!!」


天海「哀れな愚民どもめ…うぬらの如き木偶人形が我に刃向かうなど……」


姿を消した天海は、グリシーヌ達の遥か後方にいた。


天海「百・年・早いわっ!!!!!!」


エリカ「ょ…妖力が……どんどん上がっていますっ
!!」

ロベリア「チッ……。コイツぶっ倒したら、もう刑期帳消しでもいいくらいだね」


天海「この地は…そして日之本は、再び我に平伏すべきなのだ!!い出よ!魔操機兵・天照!!!」


現れた機体は黄金に輝き、正に天より照らす悪魔のようだった。


エリカ「…皆さん。恐らくこれが最後の戦いです。なんとしてでも……絶対に勝ちましょう!!」


皆「了解っ!!」


そして決戦の幕が切って落とされた。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』13:最終章「圧倒」
エリカ「グリシーヌさんとコクリコと私で、なんとか天海の守りを崩します!ロベリアさんと花火さんでトドメをっ!!」 花火「わか...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする