『サクラ大戦~alleluia~』11:第四章「信じる強さ」



花火「うぅっ…」
コクリコ「痛いよぉっ…」

カルマールの猛攻により、巴里華撃団の戦況は劣勢になり始めていた。


エリカ「い…今、回復します…この地に使わされし加護の天使よ……光…あれ……グラース・オ・スィエル!!」

天空から光の柱が彼女達へ降り注ぐ。


コクリコ「…ふぅっ、助かったよ!」

花火「えぇ、心が洗われるようですわ」


コクリコ「でも怨念が形作ったゾンビなんでしょ…どうやって倒そうか…?」

花火「わかりません…どうしましょう…」


エリカ「……。…心が洗われる……怨念が形作った……。…はっ!!見付けました!カルマールを倒す方法をっ!!」


コクリコ「えっ!!」

花火「エリカさん!それは本当ですか!?」


エリカ「はいっ!ただ…普段よりもほんの少しだけ、詠唱に時間が必要なんです……」

コクリコ「それなら、ボク達が時間を稼ぐよ!!」

花火「はい。私達に任せてください」

エリカ「…わかりました!!二人共、どうぞご無事で!!」

そう言うとエリカ機は少し後方に下がり、すぐさま詠唱を始めた。


カルマール「余を倒す方法だと??そんなモノあるわけなかろう!!余は不死身だ!ぬはははは!!」

コクリコ機、花火機をサンフォニーの触手が薙ぎ払う。

花火「あぁっ!!」
コクリコ「うわっ!!」

カルマール「フン…貴様達はよく自分を犠牲にしてまで仲間を信じられるな。いつ裏切られるかもわからんのに……哀れな…」

花火「あ…哀れなんかじゃありません!私は…絶対に仲間を信じます!!」

片膝をつきながらも花火機はボウガンを連射した。

コクリコ「エリカは絶対に嘘はつかないんだ!!ボクも仲間を信じる!!マジーク・プティ・シャ!!」

ネコを象った霊力がカルマールを吹き飛ばす。


カルマール「くっ…小賢しい奴らめ!!そんなに死にたいのなら殺してやる……滅びよ!!シャティマン……」



エリカ「終わりです!カルマール!!」


カルマールを遮るかのように、高らかに声をあげた。


カルマール「……なっ!?躯が……!!」


エリカ「あなたを形作る怨念を癒し、浄化します!無に帰りなさい!!…数多なる奇跡の光よ……とどけ心に!サクレ・デ・リュミエール!!!」


エリカが十字架を天に掲げ祈りを捧げると、カルマールに聖なる光が真っ直ぐと差し込んだ。


カルマール「な…!?そ…んな……ぐっ…天海に…同じ手は通用せんぞ……ヤツは…悪そのものだ!!ぬは…ぬはははは…は……!!」


そう言い残し、カルマールは消滅した。




ロベリア「フィアンマ・ウンギア!!」

孔雀の背に焼けた爪跡が刻まれた。

ミロク「ちっ…ちょこまか動くんじゃないよ!!」

ミロク機が腕でロベリア機を薙ぎ倒す。

ロベリア「くっ……これだけ攻撃してんのに、なんともないってか……」


ミロク「もう遊びは終わりだ!消し飛びな!!」

するとミロクを中心に爆風が起こりロベリア機を襲う。

ロベリア「ちっ…こんなもんっ……!」

ミロク「もう終わりだよ…諦めるがよいっ!!」

ロベリア「…くそっ…ちくしょう……っ!!……悪いなグリシーヌ…。…アンタの仇…とれなかったよ……」

ロベリアが瞳を閉じて諦めかけたその時……。



「グロース・ヴァーグ!!」



突然ロベリアの目の前に青い光球が現れ、次の瞬間大波が爆風を貫いた。

ミロク「なにっ!?」

ロベリア「……っ?!」


「奴に一人で挑むとは…。無茶をするでない、ロベリア」


ロベリア「…っ!?…フン……余計なマネすんじゃないよ。お姫様っ」

ロベリアは瞳を閉じて呟いた。


グリシーヌ「…待たせたな」


グリシーヌもまた爽やかな笑みを浮かべた。


ミロク「…フフフ…来たか。しかしゴミが一人増えようと所詮はゴミ…。葬り去ってくれる!!」

ミロクは銃で二人に狙いを定めた。


グリシーヌ「…貴様……このグリシーヌ・ブルーメールを侮辱した事…あの世で後悔させてやる!!いくぞロベリア!!」

ロベリア「やれやれ…いちいち叫ぶなよ」

今さっきまで嫌という程叫んでいたロベリアは、自分の事を完全に棚に上げた。


グリシーヌ「グリシーヌの名にかけて、この戦斧のサビにしてくれる!!」

グリシーヌは戦斧を振りかざす。

ミロク「何をしても無駄だと何度……」

ロベリア「こっちだよ」

ミロク「なっ…!?!ぐぅぅぅっ!!」

グリシーヌに気をとられていたミロクの背後に回り込み、再びロベリアが切り刻んだ。


ミロク「フフフフ……調子に乗りおって……」

ミロクはロベリア達から離れ、天に両手を広げた。

ミロク「天海様…。…我に力を!はあぁぁぁぁぁああ!!!」

突然暗雲が立ち込め、孔雀を落雷が襲う。


グリシーヌ「っ!?」

ロベリア「ったく…今度は何だよ…!?」


ミロク「…消え去れ!!雷破っ!!!」

そして落雷したそれを、一気に全身から放電した。


ロベリア「…フッ…。…やるかい?」

グリシーヌ「当然だ。私は奴を……絶対に許さぬ!」

ロベリア「…同感だ」

するとロベリアとグリシーヌの機体を、それぞれ緑、青の光が覆った。


ロベリア「地獄より来たれ、災いの塔……」
グリシーヌ「荒ぶる海の守護者よ、今こそ……」


ロベリア「朽ち果てろっ!デモン・ファルチェ!!」

グリシーヌ「目を覚ませ!フュリー・ネプチューン!!」

すると二人の目前に死神と海神が現れ、やがて黒と青の光球となり一直線にミロクに向かって行った。


ミロク「フフ…我に挑むか…よかろう。勝負!!」

混じりあった黒青の光球と雷破がぶつかり合う。



ロベリア「ちっ…なんて力だ…。」

前に手を翳しながら言った。

ミロク「ほらほらどうした?わらわを許せぬのではなかったのか??」

グリシーヌ「くっ…!!」


ミロク「フフフ……これまでだ!!」

まさにミロクが押し切ろうとしていた。



グリシーヌ「ぐぐ…ここで我らが負けてしまえば、巴里の民が…」

ロベリア「フッ…重いモン背負っちまったよ……ったく…」


2人の戦士は、一歩、また一歩と、前に押し込むように踏み出していく。



グリシーヌ「こんな所で…負けるわけにはいかぬのだ!!」

ロベリア「やれやれ…。…終わらせるよっ!!」



「「はあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」」



ミロク「なっ、何故だっ!?どこにこんな力が!!きゃぁぁぁぁぁぁ…!!」



ロベリア、グリシーヌの光球は孔雀を貫き、爆発とともに空へ消えていった。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』12:最終章「決戦の刻」
エリカ「ロベリアさん…大丈夫でしょうか…。」コクリコ「大丈夫だよ、きっと。」花火「……。…あ……来ましたよ!…っ!あれって…まさか……グリシーヌ!!」コクリコ「え!?わぁ!!二人共無事だったんだ!!」遠くから傷だらけの光武2機が、ゆっくりと近付いてきた。

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする