『サクラ大戦~alleluia~』6:第ニ章「悪夢」



ミロク「どうした巴里華撃団。そんなものか!?これしきでは天海様が出るまでもない」

グリシーヌ「天海……だと?」




-作戦指令室-

迫水「天海だって!?!?」

グラン・マ「知っているのかい?」

迫水「えぇ…。確か、過去に大神君率いる帝国華撃団が打ち破った、黒の巣会の首領だ…。復活したというのか!?しかも、なぜ巴里なんかに……」

グラン・マ「なるほどね…。でもまず今の状況がマズいよ……息がまったく合っていない。あれじゃ力の半分も出せやしないさ」

シー「でっ、でも勝てますよね!?皆が負けるはずないですよねっ!?」

グラン・マ「………」





ロベリア「…この野郎っ…。なめんじゃないよっ!!フィアンマ・ウンギア!!!」

ロベリア機が炎を纏った爪を振り下ろすと、辺り一面に炎が広がった。

ミロク「くっ…!…なかなか良い技だ…が、これしきでは天海様はもちろん、わらわにさえ勝てぬぞ!!」

コクリコ「そんなことないっ!みんな出ておいでっ!マジーク・ボンボン!!」

花火「二の舞……落下啼鳥!!…エリカさん!今のうちに皆さんの回復をっ!!」

エリカ「……」

花火「エリカさんっ!!」

エリカ「…あっ!はっ、はい!ぐっ、グラース・オ・スィエル!!」

5体の光武に天の恩恵が与えられる。


グリシーヌ「…くそっ!!砕けろぉっっ!!!」

またしてもミロクはグリシーヌの一振りを受けとめた。


ミロク「……まらぬ……。…つまらぬ…つまらぬつまらぬつまらぬ!!こんなものなのか巴里華撃団!!もうよい!わらわが終わらせてくれる!!」

孔雀が右手を掲げると空は闇に包まれ雷鳴が轟きだした。


ミロク「くたばるがよい!雷破っ!!!」


ロベリア「…ヤバいっ!!!」

避ける間もなく、5体の光武に落雷が生じた。


「「きゃあぁぁぁぁあぁっ!!!」」



彼女たちの光武は停止した。



ミロク「…くっくっく…なんだこの様は…。………っ?!」


ミロクの視線の先で、赤い機体が微かに…本当に微かに動いた。


エリカ「……うぅっ……」


ミロク「…ほう、まだ動けるのか。…おもしろい。聞くところによると、今はお前が隊長らしいな。わらわの雷破を耐えた褒美に、これをやろう。…ほらっ!!」

すると、孔雀から紅い光線がエリカに向かって放たれた。


エリカ「い…いや……!!」


グリシーヌ「…くっ…!!…エリカっ!!!」


少し離れた所にいたグリシーヌ機は、本来なら寝返りさえできない身体に鞭を打ち、最後の力を振り絞って立ち上がった。


…しかし、それを妨げるように紅蜂隊が再びグリシーヌ機の前に立ちふさがる。



グリシーヌ「……っ!!邪魔だぁぁぁあぁぁぁぁぁっ!!!!」


ミロク「…何?!」


ほんの数秒の事であっただろう。グリシーヌの機体を青い輝きが覆い、一瞬のうちに紅蜂隊を消し去った。



グリシーヌ「エリカーーーーーーっ!!」

グリシーヌはエリカへ覆い被さるように飛び込み、紅い光線が彼女を直撃した。


エリカ「グリシーヌさんっ!!!」

グリシーヌの青い機体が紅く染まった。

グリシーヌ「うっ…ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

エリカ「いやっ!そんな!!グリシーヌさんっ!!!!」



…そして間もなく…グリシーヌ機は完全停止した。



エリカ「………」


ミロク「なんだったのだ最後の奴の光は……。フ…まぁよい。今日のところは引いてやる。エリカとやら、まだもし万が一生きておるものがおったら伝えておけ。『三日後の午前0時、ノートルダム寺院に来い』…とな。フハハハハ………」


そう言うと、ミロクは孔雀と共に何処かへ消え去った。



エリカ「……いや……。……いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!」



いつの間にか、空からは大粒の雨が降り注いでいた。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』7:第三章「彷徨う天使」
ロベリア「くっ…ちくしょうっ………うっ……あぁぁぁあぁぁあぁぁぁ!!」彼女はガバッとベッドから起き上がった。グラン・マ「気が付いたかい?」ロベリア「…はぁっ……はぁ……ここは…??」グラン・マ「医務室さ。ついさっきコクリコも花火も目を覚ましたよ」

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする