『サクラ大戦~alleluia~』4:第ニ章「新たなる脅威」



エリカがグラン・マに呼びだされてから一晩。エリカ・コクリコは市場で買い物をしていた。


エリカ「…え~っと…確か、あとニンジンとジャガイモとタマネギとプリンと…」

コクリコ「ちょっとエリカっ!プリンなんか必要ないでしょ!余計なお金使ったら、みんなに怒られちゃうよっ!!みんなで出しあったお金なんだから…」

エリカ達は、お祝いに来れなかったグラン・マに、日頃の感謝を込めて料理を作ってご馳走することにしたのだ。

エリカ「プリンも付けたらぜぇ~~~ったい喜びますよっ!!いいでしょ?ね?ね?お願いしますよぉ~!!」

コクリコ「エリカが食べたいだけでしょっ!!…ん~もぉしょうがないなぁ…。みんなに怒られても知らないからねっ!!」

エリカ「ホントですかっ!?やったぁ!!やっぱりコクリコ大好きでーーすっ!!」

いつもの調子でエリカに抱きつかれ、コクリコは倒れそうになる……。

コクリコ「わぁーっ!」


ドンッ


「…おっと。大丈夫かい?公演が終わったからといってケガはしないようにね」

コクリコ「あっ、ありが…って!迫水のおじさん!」

エリカ「なんでこんな所にいるんですか!?」

迫水「久しぶりだね二人共。ちょっとグラン・マに呼ばれていてね…。シャノワールに向かう途中で、偶然二人を見掛けたんだ」

エリカ「そうなんですか…。それじゃあ一緒に行きましょう!もうすぐ買い物終わりますからっ!!」

迫水「買い物?ん~…。みたところカレーのようだね?」

エリカ「正解です!!プリンカレーですっ!!」

コクリコ「なにプリンカレーって!?…うん、ちょっとグラン・マにね…。あっ!おじさんにもご馳走してあげるよっ!!」

迫水「ははっ、有難う。じゃあお言葉に甘えようかな」

エリカ「ん~と、あと買ってないのは……。……っ!?きゃぁぁぁぁ!!!」


すると突然、大きな地響きが辺りを襲った。


コクリコ「地震だ!すんごくおっきいよ!!」

しばらくすると地震はピタッと止まった。

迫水「大丈夫かい二人共っ!?……珍しいな、あんなに大きな地震は……」



「きゃあああぁぁぁぁ!!!!」



周りにいた人々が突然次々と叫び出した。


迫水「なっ、何だ!?」

エリカ「ふっ、二人とも!!あれっ!!」

コクリコ「…っ!蒸気獣だ!!」

三人の目線の先には、次々に増えていき計4体となった紅色の脇侍がいた。

エリカ「あれ?なんか向こうに向かっていってますね」


迫水「あの方角は…エッフェル塔だ…!…それにあれは脇侍だ……なぜ巴里に…!?」

エリカ「脇侍……ってなんですか??」

迫水「二人とも!とにかくシャノワールに戻るんだ!話はそれからだ!!」

コクリコ「うんっ!」

エリカ「わっ、わかりました!!」




-作戦指令室-

グラン・マ「…皆揃ったようだね。本当はムッシュ迫水にだけ話すつもりだったけど…こうなったら仕方がない…。ちょっとこれを見ておくれ」


…………

そしてグラン・マはエリカの時と同様、皆に結界の説明をした。


グリシーヌ「結界だと!?そんなものが……」

グラン・マ「一般には全て隠していたからね。…ここ最近、上層部はパニックさ。なんせ、巴里から外へ移動も連絡もとれないんだからね」

ロベリア「おい、ありゃなんだ?あんなタイプの蒸気獣見た事ないよ」

迫水「それは僕から話そう。僕も詳しくは知らないんだが……あれは恐らく『脇侍』だ。蒸気獣の兵隊のようなものでね……見たところ4体いる事からも、やはりどこかに指揮している者がいるはずだ」

コクリコ「じゃあまず、そいつを見つけないと…」

ロベリア「フッ…アイツらぶっ壊せば嫌でも出てくるさ…。どうせあれは、アタシらを誘きよせるための餌だろうよ…」

花火「確かにそうですわ。街を壊すだけなら、他にいくらでも方法はあります。」

グラン・マ「さぁ、どうするエリカ?敵は4体、エッフェル塔だよ」

エリカ「もっ、もちろん出撃します!」

グラン・マ「よし。…エリカ、ムッシュが帝都に帰った今、花組を指揮するのはお前なんだ。…頑張るんだよ?」

シー「頑張ってくださいねっ!!」

メル「私達も応援しています」

エリカ「あ、ああありがとうございますっ!!」

エリカは見るからに緊張している。

ロベリア「おぃおぃ大丈夫か??戦ってる最中に固まったりするなよ?」

鼻で笑った。

グリシーヌ「大丈夫だ……自分を信じろ。私達は絶対に負けはせぬ!!」

花火「そうですよエリカさん…。頑張りましょう!」

コクリコ「エリカ!ファイト!!」

エリカ「みなさん……うぐっ」

もうエリカの顔は、涙でグシャグシャになっている。

グラン・マ「まったく…こんな時に泣くんじゃないよ。…さぁエリカ。出撃命令だ!!」

エリカは袖で涙をぐしぐしと拭いた。


エリカ「は…はいっ!ぱっ…巴里かげ、華撃団、しゅ、出撃せよ!もく、もく目標、えふぇ、エッフェル塔!」


作戦指令室にいる全員がコケた。

グリシーヌ「しっかりしろ!まったく!」

エリカ「ひ~んっ!……だってぇ~……」

グラン・マ「もう今日はいいから、私が代わりに命令するよ。……巴里華撃団、出撃せよ!!」


皆「了解!!」


そして皆、次々と光武F2に乗り込んでいった。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』5:第ニ章「紅のミロク」
-エッフェル塔-紅のミロク…彼女は紅い衣を身にまとい、エッフェル塔上部から巴里の街を見下ろしていた。ミロク「…ふふふふ……早く来い、巴里華撃団とやら…。…急がねば、花の都が荒れ地と化すぞっ!!…いけ!我が紅蜂隊よ!!」そう言うと紅色の脇侍達は、エッフェル塔の周りを次々と破壊し始めた。

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •