『サクラ大戦~alleluia~』2:第一章「花の巴里」



『サクラ大戦~alleluia~』



…時は太正15年。大神中尉率いる巴里華撃団の活躍によって、街は再び平和を取り戻した。大神が帝都に帰った数日後の巴里から、物語は始まる…。



エリカ「…はぁ~……」

公演終了後の楽屋に、なんとも気の抜けた嘆きが響き渡る。


エリカ「…会いたいなぁ…。…大神さん、ときどき私の事思い出してくれてるかなぁ…。……はぁ……」

コクリコ「あ~ぁ、また始まったよ。イチローが帰ってから、ずっとあの調子だもんね。」

呆れ顔でマジカルハットを机に置いた。

花火「元気を出してくださいエリカさん…。…大神さんも、きっと私達の事を思い出してくれていますよ……ぽっ…」

ロベリア「けっ…。エリカ、お前は一応『巴里華撃団の副隊長』に選ばれたんだ。その副隊長が、魚の腐ったような眼をしてんじゃないよ」

グリシーヌ「同感だ。隊長が帝都に帰った今、エリカが私達を纏め上げなければならぬのだ…。それを理解しておるのか?!」

珍しくグリシーヌがロベリアに賛同している。

エリカ「ひ~ん、怒られちゃいましたぁ…。…わかってますよぅ…」

皆に責められ、エリカはいつものように頭を抱え泣きだした。

シー「まぁまぁ♪今日で公演は一段落した事ですし、楽しくいきましょー!!」

持ち前の明るさで場の空気を和らげるのは彼女の特技だ。

メル「あっ、エリカさん。そういえば先程グラン・マより、『落ち着いたら作戦指令室へ来てほしい』との伝言がありましたよ」

腕をシーに捕まれながらメルはかしこまった。

エリカ「作戦指令室に?わかりました。あとで行ってみます」

メル「はい、ちゃんとお伝えしましたよ。…それでは私達はまだ仕事が残っていますので、そろそろ失礼します」

コクリコ「えーもう行っちゃうの!?せっかく公演が一段落したんだから、みんなでお祝いでもしようよ!」

花火「まぁ…よい考えですわ。やりましょうよメルさん?」

シー「ですよねっ!一日くらい良いじゃないメル♪」

メル「フフ……そうですね。わかりました、みんなでお祝いしましょう」

シー「ヒューヒュー!そうこなくっちゃ♪そうと決まれば私はケーキを買ってきますぅ♪」

話がつくなりシーは走って部屋を出た。

メル「それでは私は、なにか食事を用意しますね」

花火「メルさん、私もご一緒いたします」

コクリコ「じゃボクは飾りつけしよっと!」

ロベリア「…ったく、勝手に話を進めやがって…。…酒でも調達してくるか…」

各自分担を決め部屋を出ていった。

エリカ「…はっ!神からのお告げです!……プリンですね?わかりましたっ!!それではエリカ・フォンティーヌ、行って参ります!!」

エリカも皆を追うように走り出す。

グリシーヌ「…っ!?エリカっ!」
エリカ「へっ?」

-ゴンッ-


エリカ「いったぁーい……ドアさんのばかーーーっ!!」

頭を抑え、泣きながらエリカは走り去った。


グリシーヌ「はぁ…、まったく……」

大きくため息をつくと、グリシーヌも部屋を後にした。



~1時間後~


「「かんぱーいっ!」」

皆久しぶりの休息に浸っていた。

グリシーヌ「ロベリア、其方も酒ばかり飲んでいないで、少しは料理を食さぬか!」

ロベリア「いちいちうるさい奴だねぇ…。アタシが何しようと、アタシの勝手だろ!?…それともなにか?グリシーヌお嬢様も酒が飲みたいのかい…?」

グリシーヌ「なっ…!私は…」

ロベリア「飲みたいんだろ?いいから飲めよ、ホラ…」

ロベリアは嫌がるグリシーヌに無理矢理酒を押しつけた。

グリシーヌ「くっ……仕方がないな……。ならば少しだけ……」


~30分後~

グリシーヌ「フ…フフフフ……ふははははは……!!たまにはハメを外すのも…良いものらな。らいたい、タレブーのやつはいちいちうるさぃのら……ヒック…。おぃ、もっと酒を頼む」

眼が完全に座っている。

ロベリア「お…おい……もうやめとけって……、アタシが悪かったからさ…」

メル「飲みすぎは体にも良くないですよ…?」

花火「そうよグリシーヌ、もうやめときなさ……」

グリシーヌ「うるはいっ!!!わたくしに命令…する…れ……ない………ぐぅ…」

ロベリア「あら、寝ちまったよ。…やれやれ…とんだお嬢様だな……」

疲れ切った表情で、ロベリアは再び酒を口にした。




次回

『サクラ大戦~alleluia~』3:第一章「器」
一方エリカは、コクリコ、シー、そして新人のエルザと共に盛り上がっていた。コクリコ「だーかーらーっ!プリンは焼きプリンが1番だよっ!」エルザ「あたしはヨーグルト派かなぁ…」シー「絶対ケーキですよぅ!!」エリカ「ふっふっふ…。皆さん甘いですね。プリンはプリンでも、普通の、スタンダードなプリンが、いっちばーーーーーんおいしいんです!!」

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •