『サクラ大戦~夢の通い路~』27:終幕「夢の通い路」



-日本・帝都-

チュンチュンチュン…

大神「……んん……朝か……」

ベッドから起き上がり、大きく伸びをした。

大神「もう桜の季節か…。…今年も綺麗だな…」

窓から外を覗き込み、季春の風に暖かさを感じていた。

コンコンコン

さくら「…大神さんっ♪朝ごはんですよ♪」

大神「あぁっ!今行くよっ!!……桜…か……。……気のせいかな」

なにかが大神の脳裏を過ぎった。
しかし考えてもらちがあかないので、着替えて髪をセットすると、大神は足早に部屋を後にした。


-食堂-

さくら「おはようございます大神さん♪」

大神「おはようさくらくん」

アイリス「おはよ、お兄ちゃん♪」

大神「あぁ、おはようアイリス」

エリカ「おはようございます大神さん♪」

大神「おはようエリ………って!!なんで君達がここにいるんだっ!?」

グリシーヌ「何寝ぼけた事を言っておるのだ。久しぶりの再会だというのに……まったく…」

花火「ふふっ…大神さんったら………ぽっ…」

大神「(そ、そうだった…。昨日から巴里の皆が遊びに来てたんだっけ…)」

すみれ「どうでも良いですけど、早くお座りになってくださらない?」

大神「あぁ…ごめんごめ……ってわぁっ!!すみれくんまで…」

すみれ「まっ…『まで』とは失礼ですわね…」

カンナ「もぅいいから早く食べようぜ!!せっかくの料理が冷めちまうよっ!!」

大神「そ、そうだね……疲れてるのかな…おれ…」

「「いただきま~す!!」」

大神「(……桜か……。なにか…忘れているような……)」

ロベリア「どうしたんだ隊長?アンタが考え事なんて…珍しい事もあるもんだね」

大神「いや…。………」



ガタッ!!

大神はその場で立ち上がる。


大神「みんな…食事が終わったら『お花見』をしないか??」

さくら「わぁ♪いいですねっ!!やりましょうよっ!!」

コクリコ「やったぁ!!桜だ桜だぁ~♪」

マリア「フフッ…今の時期が1番綺麗でしょうね…」

織姫「『お花見』とは、ピクニックですかハイキングですかバイキングでーすかっ!?」

レニ「織姫…全部違うし最後のおかしい…」

紅蘭「ウチも全然構いまへんけど…どこに行くんや??」

大神「…そうだなぁ……」



-上野公園-

エリカ「わぁーーーっ♪ほんっっ………ケホッ………っっっとに綺麗ですねぇ!!!この世にこんな綺麗なものがあったなんて…エリカ大感激でーすっ!!………むぎゅっ」

ロベリア「あぁもうっ!うっとーしいな…!!…抱き着くなよいちいちっ!!!」


大神「でも本当に綺麗だ…。特にあの真ん中にある1番大きな桜の樹……」

さくら「はい…。なんだか伸び伸びと…幸せそうに咲いていますね♪」

ドキッ♪

大神「あっ…あ、あぁ……」

大神は、『さくら』に「『桜』がとても良く似合う…」…と言いたかったのだが、照れ臭くてやはり言えなかった。


すみれ「ちょっと中尉!!はやく何かおつまみでも買って来て下さいな!!」

大神「おつまみって…真昼間からお酒を飲むのかいっ!?」

すみれ「当たり前でしょう!!…『お花見』には『お酒』と、むかぁ~しから決まっているのですわっ!!」

織姫「おぉ!!『花よりタンゴ』ってやつでーすね♪」

レニ「織姫…それも違う…」

大神「わかった…行ってくるよ…」

さくら「あっ、あたしも行きますっ!!」



大神とさくらは『おつまみ』を買うために園内を歩き回っている。

大神「はぁ…。これだけ出店が多いのに、なかなか見つからないもんだねぇ…」

さくら「……見つからなくていいです……」

大神「えっ…?」

言葉と同時に、さくらは俯き赤面しながらも、そっと大神の手を握った。

大神「さくらくん…」

さくら「…まだ…見つからなくていいです…」

握る手に少し力を込める。

大神「あぁ…そうだね…」

そして大神もそれに応えた。

さくら「…大神さん…」

顔を伏せ続ける。

さくら「いつも…二人で……これからもずっと一緒に……いてくれますか…?」

大神「……もちろんだよ…君は俺が守る。…ずっと一緒にいよう」

さくらは大神の肩に寄り添った。



『-----』



さくら「…今あたし……とても幸せです……。」

大神「あぁ…俺も………」



「はぁーーい♪そこの幸せそぉ~なカップルさん!!お酒のおつまみに『桜餅』はいかがですかぁ~♪」


大神が言いきる前に、張り上げた女性の声が割り込んできた。

大神「なっ、なんだ…!?」

さくら「なんか…『桜餅』どうですか……って…」



『「…はふぅ~…おいしい…」』



大神「…桜餅……」

さくら「…これにしましょうか!買いますっ♪」

「ありがとうございまぁ~す♪1パック6個入り、50銭です♪」

さくら「じゃあ…3パック下さい♪」

「はいは~い♪では、1円と50銭になります」

さくら「1円50銭ですね。え~と…」


「………。……私…この場所には、とっても大切な想い出があるんです…。やっと…思い出せたんですけど…」

女性はそっと俯いた。

さくら「…想い出…ですか…?」



『「……夢のように…全てを忘れてしまうかもしれないけれど……」』



「だからこの時期には、これから毎年、ここに来ようかなぁって思って…」

大神「(…何だ…?……なにか大切な事が……)」



『「…それでも、私も皆さんの事を忘れませんっ!!」』



「……やっと…桜の季節になりましたね…。…私…大好きなんです……桜が……」



『「…桜の季節に……必ず…必ずまた皆さんに逢いに行きますっ!!」』



大神「…………」

「…あっ……ご、ごめんなさい!!私、一人で変な事ばっかり言って…。……今のは…忘れちゃってください……。……おつりおつりっと……」

大神「……桜……」



『「…私は…桜の精ですからっ♪」』



大神「………っ!!!」



……想いは繋がった……



大神「……七瀬くん……」


「………っ!!!!」


さくら「……あっ……!!」


その女性の頬を、一筋の涙が伝う…。


大神「…皆、きっと七瀬くんの事を待っている…。……行こうっ!!!」

七瀬「……はいっ!!」

七瀬は満面の笑みを浮かべた。
それは涙に溢れていたが、今までで1番可愛い笑顔であった。




…人は皆、夢を見る。

夢の中で男女が逢う道、即ち夢路。

…すぐに消えてしまう…はかない夢……。

…しかし皆は忘れない…。

信じ続ける限り…想いは繋がるから……。



……桜の見る夢は……


……終わらない……。



『サクラ大戦~夢の通い路~』-完-



一話まとめ
・サクラ大戦~alleluia~

『サクラ大戦~alleluia~』1:「-プロローグ-」
風雷の轟音響く闇の中、彼女は地を這う。「…わ……わらわは…死なぬ……」…嵐の夜だった…。…しかしここは物音一つしない。するのは彼女の吐息と木々が擦り合う不気味な音のみ。「…あ……あのお方の…野望が……叶うまで…わらわは死なぬ……死ぬ事は…許されぬ!!」それは妖しい美貌を持つ女。その頬が傷だらけになろうとも、忠誠を誓ったあの男を蘇らせるために、彼女は唱える。

・サクラ大戦~夢の通い路~

『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」
乙女達は夢を見た。忘れえぬ夢、消せない記憶。交錯する現実世界と夢世界。混沌の闇を光が制する時、乙女の想いは繋がる。桜の見る夢が、今始まった…。さくら「…ここは…」桜色の着物を装い、荒廃した土地に少女は1人佇む。瓦礫から除くベンチや大時計から、元は公園であったであろうことが窺える。

・サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~

『サッカー大戦~蹴れ!高速の蹴球華撃団!~』1:第1節『巴里の休日』
米田「…じゃそういう事で、宜しく頼んだぜ」 グラン・マ「はいよ。任せときな」 グラン・マは電話を切る。 グラン...

・『サクラ大戦〜短編集〜』:『温泉パニック』

『サクラ大戦〜短編集〜』:第1夜『温泉パニック:その1』
-帝劇・大浴場- …ちゃぽん…… 大神「…はぁ……やっぱり冬は風呂に限るな…」 ただ今入浴中の大神……とい...

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする