『サクラ大戦~夢の通い路~』26:最終章「想いは繋がる」

カンナ「……さてとっ!!じゃあどうすっか、これから……」

場の空気を変えようと、少し声を張り上げた。

マリア「…そうね…。…じゃあ、ホテルに戻って桜餅でも頂こうかしら?」

アイリス「…そうだねっ♪アイリスお腹減っちゃったし…ご馳走してよ七瀬っ!!」

七瀬「…皆さん…ありがとうございます…。…でも……それはできません…。…すみません」

七瀬は深々と頭を下げた。

エリカ「ほらぁ~!!お二人が七瀬さんの大切な桜餅を食べたいとか言うから……」

七瀬「ちっ、違うんです!!……その……。」

すると突然、今度は七瀬を除く全員の身体が桜色に輝き始めた。

グリシーヌ「なっ、何事だっ…!?」

七瀬「…『夢桜』へと呼び出した目的が達成された今……皆さんは元の世界へと戻ります…」

大神「なんだってっ!?」

アイリス「…そんな……やだよっ!!せっかく七瀬と仲良くなれたのにっ!!!」

七瀬「…ごめんなさい……もっと早く言わなければいけなかったのですが………私には…言えませんでした…」

ロベリア「……気にすんなよ…。…アタシは結構楽しかったしさ…」

七瀬「…ロベリアさん…」

さくら「あたしは七瀬さんとほとんど一緒にいませんでしたけど…。…あたしは貴女に救われました。ありがとうございましたっ!」

七瀬「…そんな……お礼を言うのは、私の方です…」

グリシーヌ「…此処での出来事……私は生涯忘れぬぞ…!!」

七瀬「……ダメなんです…」

グリシーヌ「…なに…?」

七瀬「…皆さんが元の世界へ戻ったら…この『夢桜』で起こった出来事は、全て忘れてしまうんです……皆さんも…私も…。…この世界でも…皆さんの世界でも……達成した出来事のみが残り、あとは全て無かった事になるのです…。それは…『夢』のように…」

カンナ「……そんなの……そんなの有りかよっ!!」

七瀬「…全部…『夢』だったんですよ…。…長い長い夢……」

大神「…俺は忘れない…」

七瀬「えっ…?」

大神「『夢桜』で感じた気持ち…繋いだ想い…。俺には全てがかけがえのない出来事だった!たとえ夢だったとしても…俺は決して忘れないっ!!!」

七瀬「…大神さん…」

マリア「…そうよ…。さっき、あやめさんに言われたばかりだもの。『想いを一つにした事を…忘れないで』ってね…」

カンナ「その通りっ!!あたい、その日に見た夢を覚えてる事、よくあるんだぜっ!!」

七瀬「…………」

七瀬は顔を上げていられなかった。泣き顔を見られたくなかったから…。

ロベリア「…アタシは、ちょっとばかし記憶力に長けてるんでね…。……忘れないよ……絶対に…」

グリシーヌ「…忘れられるはずがなかろう…。私はこの世界の在り方を、しかとこの目に焼き付けた」

七瀬はただただ頷いている。

エリカ「…わたしは…本物の桜の精さんに逢えて…大感激でしたっ!!……一緒に桜餅を食べた事……ぐすっ……絶対に忘れませんっ!!」

アイリス「アイリスだって忘れないよっ!!絶対にまた遊ぼうねっ!!また一緒に花札しようねっ!!!」

七瀬「……うんっ!!……やっぱり……ダメだぁ……。…涙…出ちゃう…。…もう泣かないって決めたのに……」

大神「…泣きたい時は…泣いてもいいんだよ…」

大神を含め、皆が声を震わせていた。

七瀬「…でも……。……『笑った方が可愛い』って…言われて…すごく……嬉しくて……」

七瀬を除く全員の足元から、徐々に光が放たれる。

大神「…俺達は…絶対にこの世界を忘れないっ!!信じてくれ!!…信じれば……」

七瀬「…はいっ!!………夢のように…全てが無くなってしまうかもしれないけれど……」

七瀬は満面の笑みを浮かべた。

七瀬「…それでも、私も皆さんの事を忘れませんっ!!」

大神「…あぁっ!!」

七瀬「…桜の季節に……必ず…必ずまた皆さんに逢いに行きますっ!!…私は…桜の精ですからっ♪」

アイリス「…またねっ♪」

七瀬「…私…皆さんの事を信じていますっ!!…信じれば……」

エリカ「待ってます!!わたし達ずっとずっと……待ってますっ!!!」

『-----』

そして皆の姿は消えた。

七瀬「…信じれば……」

…想いは繋がるから…

次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』27:終幕「夢の通い路」
-日本・帝都-チュンチュンチュン…大神「……んん……朝か……」ベッドから起き上がり、大きく伸びをした。大神「もう桜の季節か…。…今年も綺麗だな…」窓から外を覗き込み、季春の風に暖かさを感じていた。コンコンコンさくら「…大神さんっ♪朝ごはんですよ♪」大神「あぁっ!今行くよっ!!……桜…か……。……気のせいかな」

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •