『サクラ大戦~夢の通い路~』23:最終章「そして華開く」

『サクラ大戦~夢の通い路~』23:最終章「そして華開く」

『ソイツラノ言ウ事ガ真実ナラバ…最期ノ抵抗ヲミセテミロ!!!』

桜樹の口内に、とてつもない妖力が集まっていく。

大神「くっ…!!」

大神は強く唇を噛み締めた。

ロベリア「隊長…」

大神「……?」

ロベリア「…負けてもいいからさ、全力で抵抗してやんな。……死んだら付いてってやるからよ…」

大神「…ロベリア…」

マリア「私達の運命は…隊長に全てお預けします…」

アイリス「アイリス…ずっとお兄ちゃんの事見てるから……頑張ってね、お兄ちゃん♪」

グリシーヌ「其方の誇りというものを…私に見せてくれ…。大丈夫だ…隊長なら負けはせぬ!!」

大神「…ありがとう……みんな…」

カンナ「隊長、桜樹に…花組の力を見せてやろうぜ…!!全力でブチかましてやれっ!!」

大神「…あぁっ!!!」

大神の身体を純白の輝きが纏い出す。

さくら「…大神さん…」

大神「…さくらくんっ!大丈夫なのかい!?」

大神の横へ、そっとさくらが歩み寄っていく。

さくら「はい…。……。……エリカさんが…大神さんを…護って下さいって…。…お願いしますって…」

大神「…エリカくんが…。………さくらくん。絶対に勝とう!!勝って…みんなで帰るんだ!!」

さくら「……はいっ!!」

そして、さくらの身体にも桜色の光が集約されていった。

『ククク…覚悟ヲ決メタカ…。…勝負ッ!!カァァァァァァァァ!!!』

とうとう桜樹から、暗黒の全妖力が放たれた。

大神は、霊剣荒鷹をそっと前に翳す。

さくらはそれを包み込むように、そして支えるように、両手で共に剣を握った。

さくら「…愛と正義を…二人の力で…!!」

さくらの身体がさらに激しく輝き始める。

大神「…勇気と希望を…皆の力で…!!」

大神を纏う純白の光もそれに賛同するかのように噴き上がる。

二人「「…夢と未来を…桜のもとに…!!!」」

やがてそれらは混じり合い、霊剣荒鷹へと昇華されていく。

二人「「…狼虎滅却………桜・花・絢・爛!!!!!!!!」」

そして全てを込めた霊力が放たれた。

グリシーヌ「頼んだぞ…隊長!!さくら!!」

カンナ「…桜樹のヤツ……やっぱ凄ぇ妖力だ…。………でも……」

マリア「…隊長とさくらなら……きっと……!!」

マリアの呟きと同時に、莫大な霊力と妖力が激しく衝突した。

『フハハハハハ!!ヤハリ哀レダナ!!全霊力ノ放出ガコノ程度ダトハ…!!!』

大神達の霊力は、一瞬のうちに押されていく。

さくら「大神…さんっ!!」

大神「頑張るんださくらくん!!自分に…自分に負けるなっ!!」

『-----』

次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』24:最終章「想いのカケラ」
大神「…くっ…ぐぐぐ…!!!!!」さくら「…うぅっ……」二人はもはや押し切られる寸前であった。ロベリア「…ちょっと…ヤバイかもな…」カンナ「…くそっ!!!」カンナは拳を地面に叩き付ける。しかしカンナだけではない。その場にいる誰もが、自分への憤りを強く感じていた。グリシーヌ「…くっ……やはり勝てぬのか…!!」アイリス「…負けないもん……」マリア「…アイリス……」アイリス「…お兄ちゃんもさくらも…負けないもんっ!!勝つもんっ!!絶対に勝つもんっ!!!」するとアイリスの身体が黄色に輝き、その光は霊剣荒鷹へと昇華されていった。グリシーヌ「っ!?これは…!!」マリア「…あれは霊力…。……霊力が……繋がった……!!」ロベリア「フン…そうかい…。…なら、アタシの霊力なんか喜んでくれてやるよっ!!…受け取りなっ!!!」アイリス同様、ロベリアの身体を緑色の光が覆う。

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •