『サクラ大戦~夢の通い路~』22:最終章「一縷の希望」

大神「……みんな………」

大神は一人佇んでいた。絶望という闇のもとに。

『…ドウダ…?自分ハマッタクノ無力……仲間ヲ助ケラレズ、タダ倒レテユク仲間ヲ眺ムルノミ…』

大神「…………」

『貴様ラハ無力ダ。貴様ガ必死ニナッテ助ケ出シタさくらトヤラモ、結局ハ倒レ…。……マサニ絶望トハコノコトダナ!!フハハハハハハ!!!』

大神「…っ!!貴様ぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

感じる恐怖と震える身体を無理矢理抑えつけながら、霊剣荒鷹を眼前に翳し、一直線に桜樹へと向かっていく。

『フハハハハ!!安心シロ、マダ全員死ンデハイナイ…。奴等ニモ絶望ヲ与エネバナァ…。…貴様ノ死トイウ絶望ヲッ!!!』

大神「貴様になど負けはしないっ!!」

大神は桜樹の懐へと潜り込み、真下から斬り上げる。そしてその場で右旋回し、遠心力を利用し水平に斬り裂いた。

大神「まだまだぁっ!!!!」

攻撃は止むことなく、立て続けに斬り込んでいく。

大神「これでとどめだっ!!……狼虎滅却…!!…震・天・動・地!!!」

霊剣荒鷹を軸にし、桜樹の懐で大神の全霊力を爆発させた。

大神「…はぁ……はぁっ……」

爆発の衝撃により、辺りは煙が立ち込めている。

大神「…やったか…!?」

『…カユイナ?』

大神「っ!?ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

煙の中から大神の眼前に現れた桜樹は、肩口の肉を無惨にも切り裂いた。

マリア「…っ!?隊長!!!」
アイリス「お兄ちゃん!!!」

倒れ込んでいる仲間達が次々に呼び掛けていく。

ロベリア「くそっ!!身体が動かねぇ!!…なんで肝心な時に…。……動け……動けよっ!!!」

七瀬「…大神…さん……」

グリシーヌ「くっ…!!…私は自分が……自分が情けない!!!」

エリカ「…さくらさん……さくらさん……」

隣に倒れているさくらへ、か細く…しかし必死に声を掛ける…。…だが気を失っているのだろう、返事はない。

エリカ「…私の持っている全ての霊力を……あなたに……。だから……大神さんを……。さくらさんにしか…大神さんは…護れないんです…。…お願いします…」

そしてエリカは瞳を閉じる。

エリカ「…この地に使わされし…加護の…天使よ…。…光……あれ…。……グラース・オ・スィエル…」

するとエリカの身体は赤く輝き出し、その光はさくらへと注がれていく…。

エリカ「…てへっ……大神さんに……怒られちゃうかもなぁ………」

十字架を握っていた指が次々に解けていった。

大神「ぐ…あ……ぐぁぁぁぁ……」

大神の傷口から、あまりに大量の血液が流れ出る。

『フッ…哀レダナァ…。仲間モ倒レ…自分モ傷付キ…モハヤ絶望ダ…。……。……ナノニ……』

大神「…くっ…!!」

『……ナノニ!!ナンダソノ眼ハ!!!モウ勝ツ術ガナイトイウ事ガワカッテイルノカ!?!?』

そう…。大神はどんなに恐怖に煽られ、どんなに傷付いても、決して瞳は死なない。

そして今も…。

カンナ「へっ…へへ…。馬鹿野郎…。…隊長は……隊長はまだ諦めてねぇんだよっ!!!」

『…ナニ?』

マリア「隊長は…今まで何があっても…どんな敵が現れても、決して諦めはしなかった…」

ロベリア「そいつはねぇ……馬鹿なんだよ。馬鹿みたいに真っ直ぐで…馬鹿みたいに正直で……おまけに馬鹿みたいに熱血野郎ときた…。…この意味がわかるかい…??」

アイリス「お兄ちゃんは、誰よりも1番強いんだよっ!!」

グリシーヌ「あぁ…この私が認めた男だ…。貴様のような三下には負けはせぬっ!!」

『フ…フフ…コノ期ニ及ンデマダソンナ事ヲ…。…ヨカロウ…ソノ減ラズ口ゴト、今スグ消シテヤル!!!』

桜樹は後方に跳び、決着をつけるべく妖力を溜め始めた。

そして全ては終局へ…。

次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』23:最終章「そして華開く」
『サクラ大戦~夢の通い路~』23:最終章「そして華開く」『ソイツラノ言ウ事ガ真実ナラバ…最期ノ抵抗ヲミセテミロ!!!』桜樹の口内に、とてつもない妖力が集まっていく。大神「くっ…!!」大神は強く唇を噛み締めた。ロベリア「隊長…」大神「……?」ロベリア「…負けてもいいからさ、全力で抵抗してやんな。……死んだら付いてってやるからよ…」大神「…ロベリア…」マリア「私達の運命は…隊長に全てお預けします…」アイリス「アイリス…ずっとお兄ちゃんの事見てるから……頑張ってね、お兄ちゃん♪」グリシーヌ「其方の誇りというものを…私に見せてくれ…。大丈夫だ…隊長なら負けはせぬ!!」大神「…ありがとう……みんな…」カンナ「隊長、桜樹に…花組の力を見せてやろうぜ…!!全力でブチかましてやれっ!!」大神「…あぁっ!!!」大神の身体を純白の輝きが纏い出す。

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •