『サクラ大戦~夢の通い路~』8:第四章「頑張ってください」



大神「(さくらくんっ!助けに来たぞっ!!)」

さくら「(だ…誰ですか貴方…?)」

大神「(忘れたのかい?俺だっ!大神だよっ!!)」

『フフフ…何度尋ネテモ同ジ事ダ…。ソノ娘ニハモウ貴様ノ記憶ハナイ!!!』

大神「(そんな……そ…んな…。嘘だ……嘘だと言ってくれ!!!)」

『フハハハハ!!アハハハハハ!!!アーアーアーアー……』

七瀬「あ、あー、あー。あーあ~あーあ~あー」

あれから一晩が明け、皆各自ベッドで眠りについていた。

七瀬「…ーあ~。…発声練習終わりっと…。よしっ!…すぅ~~……」

風船のように大きく息を吸い込む。

七瀬「あ・さ・で・す・よぉーー!!!お・き・て・く・だ・さーーーいっ!!!!!!」

大神「わぁーーーーーっ!!!!……はぁ…はぁ……。どっ、どうしたんだい七瀬くん…?」

七瀬「おはようございます!お・お・が・み・さん♪」

大神の耳元で思う存分叫ぶと、満足そうに微笑んだ。

大神「あぁ…お、おはよう…」

七瀬「もうご飯できてますので、早く来て下さいね♪」

そう言うと七瀬は部屋を出て行った。

大神「……やっぱりエリカくんに似ているな…」


-居間-

カンナ「あっ!やっと来たぜ…。隊長、おはよーさん!」

大神「あ…あぁ…遅れてごめん…」

エリカ「……大神さん…。…あっ!プリン余ってますよ!食べますかっ!?」

グリシーヌ「(ばっ、馬鹿者!其方は不自然なのだ!何もするなっ!!)」

グリシーヌがエリカに耳打ちをする。

エリカ「だってぇ~…」

アイリス「お兄ちゃん!アイリスもうお腹ペコペコだよ~…。はやく食べよう!?」

大神「あ…あぁ…ごめん…」

皆「いっただっきまーす!!!」

大神「(…皆…いつも通り振る舞って…。今さくらくんがこんな状況で、本当は皆、食事なんか喉を通るはずがないのに…。…俺が気を遣わせてどうするんだ…)」

ロベリア「…どうした隊長…?食わないならアタシが代わりに食べちまうよ?」

カンナ「じゃ…じゃああたいにも半分くれよっ!!」

大神「………」

アイリス「…お兄ちゃん…?」

大神「…みんな…。……ありがとう……」

誰も何も言わず、ただ優しく微笑んだ。


-昼・居間-

カンナ「ありゃぁ~?ありゃりゃあ~?こんな所に、『花札』があるぞぉ!!」

グリシーヌ「なっ、何故そんな物を持ち歩いているのだ…」

七瀬「はなふだ…?何ですかそれ??」

カンナ「おっ?なんだ、七瀬は花札やった事ねぇのか!?じゃあ教えてやるよ!!」

エリカ「あっ、エリカにも教えてくださーい!!!」

カンナ「あぁ、いいぜ!…「こいこい」ってやつでな、まずはこれがこーで、これはこーなって………」


~1時間後~


カンナ「だーーっ!!!なんでお前ら初心者なのにそんな強いんだよっ!?こいこいばっかりしやがって!!」

エリカ「なんでって言われても……。」

七瀬「女のカンってやつですかねぇ…。」

カンナ「あたいだって女だ!!よし…もっかい勝負だっ!!!」

マリア「…フフフ……。隊長は花札…おやりにならないのですか?」

大神「あぁ、今は……。……みんなは強いな…」

マリア「…皆同じですよ…。…辛くて悲しいけど…くよくよしてても仕方がない、笑わなきゃって…。……ねぇ隊長?」

大神「ん…なんだい?」

マリア「私達花組は…隊長がいたから、今まで頑張れた……。…隊長がいるから、みんな笑えるんですよ?……だから…」

マリアはそっと目線を上げた。

マリア「…私達に少しくらい甘えても……罰は当たりませんよ?」

大神「…マリア……」

アイリス「ねぇねぇお兄ちゃん!お兄ちゃんも一緒に花札やろ?ね??」

大神「アイリス…」

マリア「(ほら、隊長!)」

マリアが大神の腰を軽く押す。

大神「……よし!やろう!!負けないぞぉ~!!」

アイリス「わ~い♪アイリス強いんだよ~♪」

マリア「…頑張って下さい…隊長…。」



次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』9:第四章「星空のもとに」
-夜-大神「………。……さくらくん…」コンコン誰かが大神の部屋をノックする。大神「あ…今開けるよ」ガチャ大神「……エリカくん…どうしたんだい、こんな時間に…?」エリカ「夜遅くにすみません…。あの~…もし今お暇でしたら…少し付き合ってもらえませんか??」大神「いいけど…どこへだい?」エリカ「ふふ…付いてきて下さい♪」そう言うとエリカは、大神の腕を取った。

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •