『サクラ大戦~夢の通い路~』6:第三章「予感」



-現実世界・帝都-


紅蘭「…大神はん!大神はんっ!!」

必死に紅蘭が寝ている大神の身体を揺する。

織姫「あぁ~もうっ!!何ふざけてるで~すか!!早く起きてください!!」

パンッ!

織姫が大神の頬にビンタする。

かすみ「あぁっ…そんな乱暴に…」

由里「でも呼吸はしてるのよねぇ…」

レニ「5人が全員同じ症状なんて…。…何かがあるな…」

椿「…マリアさま…」

ガチャ

かえで「…今シャノワールに連絡してみたんだけど…。ダメ…巴里も3人……」

紅蘭「一体どうなってるんや…」

紅蘭はその場に座り込んだ。

琴音「(何がどうなってるのかしらね…)」

ヒソヒソ…

斧彦「(このまま皆が目を覚まさなかったら…あたし…あたしぃ~!!)」

ヒソヒソ…

菊之丞「(みんな…死んじゃったのかなぁ…)」

ヒソヒソ…

琴音「(この馬鹿っ!二人とも縁起でもない事言わないのっ!!……くっ…あたし達には、どうする事もできないのかしら……)」

かえで「…今すぐ、巴里華撃団・残りの2人を呼びましょう」

織姫「でっ、でも日本に呼んじゃったら、巴里に敵が現れた時はどうするでーすか!?」

レニ「…どのみち2人じゃ戦いは厳しいよ。やっぱり皆がまとまった方がいい…」

かえで「そう。それに…なんだかとても嫌な予感がするの。帝都が…危ない…って……」

~翌日~

-作戦指令室-

かえで「皆、よく来てくれたわね」

花火「いえ……ぽっ…」

コクリコ「なに照れてるの!…グラン・マとメルとシーは残るって。さすがにシャノワールを留守にはできないからって…」

かえで「えぇ、聞いているわ。…ジャンさんまで、忙しい中どうも有難う御座います」

ジャン「あぁ、いいって事よ!気にしねぇでくれ」

礼を言われるのは苦手とばかりに、頭をポリポリと掻いた。

かえで「…じゃあいきなりだけど、巴里の3人の症状を教えてもらえないかしら?」

花火「はい。一昨日までは普段と何も変わらなかったのですが、昨日の朝から…」

コクリコ「どんなに起こしても起きなくて…。でもちゃんと息はしてるんだよっ!?」

織姫「む~…。やっぱり帝都と全く一緒で~すね」

レニ「……。…っ?!ちょっ、ちょっと待って!『一昨日』は皆何ともなかったの??」

コクリコ「うん、みんなピンピンしてたよ。」

由里「それが…どうかしたの??」

レニ「帝劇の皆も一昨日までは異常がなかったんだ…。異常があったのは……」

「…さくらさんだけ…だろ?」

皆は顔を上に向けた。声が天井からしたからだ。

「よっと…。」

天井に張り付いていた男は、身軽に跳び、着地した。

紅蘭「かっ、加山はん!いつからそこに…;」

加山「ずっといたさ。気にするな。……話を戻すが、確かにさくらさんだけおかしい。ただの偶然なのか…それとも……さくらさんは『特別』なのか…」

かすみ「『特別』??」

レニ「…さくらが特別だとしたら……『破邪の血』…。…考えすぎかな…」

かえで「…まぁなんにせよ、いつ敵が現れても良いように、光武の整備…お願いね。不幸中の幸いかしら…紅蘭が残っててくれてよかったわ。」

ジャン「おう!紅蘭嬢ちゃんと組めば天下無敵ってもんだ!!」

紅蘭「ふ、二人とも照れる事言わないで~な!ま、ウチらに任しとき!!」

かえでの嫌な予感は見事に的中する…。これが幸と出るか……それとも……。




次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』7:第三章「理由」
-夢桜・帝都-上野公園での一件の後、七瀬を含めた8人はホテルに戻っていた。マリア「それじゃ…聞かせてもらおうかしら」七瀬「はい…。…まず…先程言った通り、私もあの『桜樹』も…桜の精なのです」マリア「この……えっと…『夢桜』にも、降魔がいるの?何故私達を……」

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする