『サクラ大戦~夢の通い路~』14:第六章「命を懸けて」



-夢桜・上野公園入口-


グリシーヌ「…私は…死なぬ……生きて帰ると……約束したからなっ!!グロース・ヴァーグ!!!」

荒波が巨大降魔を飲み込む。しかし堪えた様子は全くない。

ギシィァァァァァ!!!


カンナ「…化け物め…。…こいつでどうだ!!!…桐島流最終奥義っ!!」

カンナが右腕を引き絞ると、同時に霊力で大地が揺れる。

カンナ「公相君!!!!」

カンナが渾身の力を込めた拳を地上に突き落とすと、霊力がドーム状に爆発し降魔を巻き込んだ。

カンナ「……はぁっ……はぁ……。…っ!?」


ガァアァァァァァ!!!


カンナ「これでもダメなのか……ちくしょう……ちくしょうっ!!!」

カンナは片膝を付き、すぐに立ち上がることができなかった。



『-----』



カンナ「どんな技も通じねぇ……どうすりゃいいんだよ…」


『「おーーっほっほっほ!!!お久しぶりですわねカンナさん!」』


カンナ「…っ!?この馬鹿みたいに甲高い声は……。…すみれ…すみれなのかっ!?」

『すみれ「全く…なんと無様な…。まぁ、カンナさんにはそれがお似合いですわ」』

カンナ「なっ…なんだとこのサボテン女!?もっぺん言ってみろ!!」

『すみれ「えぇ何度でも言って差し上げます!カンナさんにはその無様な姿がお似合いですわ!!」』

カンナ「…てめぇ…言っていい事と悪い事があるぞ……!…あたい達は…命を懸けて戦ってんだっ!!!」

カンナは声を張り上げ続けた。

カンナ「……あの化け物には何も通じねぇんだよ…。身体が鉄みたいでよぉ……光武無しにあんな……」

『すみれ「………わたくしが無様と申し上げたのは、傷だらけだからではありませんわ。…カンナさん、何をらしくない顔をしていますの?」』

カンナ「……!?」

『すみれ「命を懸けて戦っているのなら、何故自分の力を信じてあげないのですかっ!?」』

カンナ「…すみれ…」

『すみれ「敵の身体が硬いとか…光武が無いとか……そんな事関係ありませんわ!!カンナさんの唯一の取り柄はなんですの!?カンナさんの唯一の魅力はなんですの!?」』

カンナ「……あたいの………」

『すみれ「……馬と鹿の力を…わたくしに見せて下さいな…」』

カンナ「……誰が馬鹿だ…この…サボテン女…」

『すみれ「…カンナさんなら絶対にできますわ…。…あなたは強い。トップスタアのこのわたくしが…保証します…』

そして何事もなかったかのように声は消え去った。


カンナ「…トップスタア……か……」

カンナは軽く微笑んだ。


カンナ「……サンキューすみれ…。…忘れてたぜ……」

身体を右手で支え、ゆっくりと立ち上がる。


カンナ「…あたいは琉球空手桐島流第二八代継承者……桐島カンナ!!」


カンナはハチマキを強く強く締め直した。


カンナ「……あたいに…貫けねぇモンはねぇっ!!!!」


そして自分の頬を叩き気合いを入れ、拳を握り締めた。



次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』15:第六章「カンナの拳」
カンナ「…みんな!まだ生きてるか!?」ロベリア「…あぁ…なんとかな…」カンナ「……みんな、頼みがある!……あたいに力を貸してくれ!!」ギィシャァァァァァァ!!!!マリア「こっちよ!!」雄叫びを上げている降魔の注意を引き付ける。マリア「…運命を司る…黒衣の死神……」マリアの身体が黒く輝く。ギィシャァアァァア!!!!!

スポンサーリンク

シェアする

     
  •  
  •