『サクラ大戦~夢の通い路~』1:序幕「桜の見る夢」

『サクラ大戦~夢の通い路~』


乙女達は夢を見た。

忘れえぬ夢、消せない記憶。

交錯する現実世界と夢世界。

混沌の闇を光が制する時、乙女の想いは繋がる。

桜の見る夢が、今始まった…。





さくら「…ここは…」



桜色の着物を装い、荒廃した土地に少女は1人佇む。
瓦礫から除くベンチや大時計から、元は公園であったであろうことが窺える。

さくら「…こんな場所に桜の樹?」

そこには、まるで荒廃した歴史をじっと見守っているかのように、
白桃色の花びらが満遍なく広がる一本の桜の樹が立っていた。

さくら「すごく綺麗だけど…なんだか悲しい。…桜が寂しそう…」

ふぅっと溜め息をつき、もう一度周囲を見渡す。

さくら「それにしても、皆どこに行っちゃったんだろう…。…もう!大神さーん!どこにいるんですかー!ねぇ大神さーんっ!!」


『…ミ……ツケ…タ…。……ミツケタ…』


さくらが踵を返すと同時に、後方からモザイクがかった声が聞こえた。

少しずつ少しずつ、自分の脳内へ語りかけるように近付いてくる…そんな感覚に襲われる。

さくら「…っ!?誰っ!?」

さくらは腰に据えていた聖剣、『霊剣荒鷹』を抜刀した。

さくら「隠れていないで、姿を現しなさい!」


『……生ケ贄ト…ナレ…。…桜ノ…生ケ贄ニッ……!!』


さくら「さくらノって…。私がさくらです!真宮寺・さ・く・らっ!!…何なんですかいきな……」

さくらが言い終える間もなく、辺り一面が真っ暗闇と化し、視界が奪われた。

必死に刀を構えるも、抵抗虚しく徐々に桜の樹へ吸い寄せられていく。

さくら「へっ!?きゃっ!そんなっ!!力が……入らない…っ!!」


『……オヤスミ……。』


さくらは文字通り、「桜の樹の中」に消えていった。


==============================================


さくら「…暗いなぁ…ここは何処なんだろう…。…みんなぁ……大神さん…。」


どこが端なのかも想像すらできない暗黒の中で、
戦友たちと想い人を胸に抱き、じっと座り込んでいる1人の乙女。


『-----』


さくら「…あれ…。何かが私の中から消えていく…。なんだろ…。」


-戦友たちと想い人を胸に抱き-


『「さくら、コレ食うか?美味いぞぉ~!」
「さくらさん、何度言ったらわかりますの!?」
「ほらほら、いい加減にしなさい。」
「わぁ~!!トーキョーの花組の方にまた会えるなんて…」』


さくら「…みんな…。………みんなって……誰…?」


『「どんどん行くでぇ~!」
「いくよっ、さくら♪」
「勝利のポーズ…」
「………参上っ!」』


-………たちと想い人を胸に抱きー


さくら「私の大切な大切な…。…帝国カゲキ……。…ダメ……なによこれ……」


恐怖や苛立ちで髪を掻き乱す。
しかし自分の五感は、それに応えてくれない。


『「正義は絶対に勝つ!」
「みんな…必ず帰還するんだ!」
「正義と平和を…二人の力で!桜花絢爛!」』


さくら「…大神さん…大神さん大神さん大神さん……」


決して忘れえぬよう、何度も何度も反復するが、
自分の言葉に、徐々に自信が持てなくなる。


さくら「思い…出せないよ…。助けてください……オオガミサン……」


-………たちと…………を胸に抱きー


『「…なんだかずいぶんと楽しそうでしたね。」
「さっ、さくらくん!?いつからそこに…!?」
「いいな。恋人みたいで。」
「い…いたいよさくらくん……。」
「ふん!もう………さんなんて知りませんっ!!」』


さくら「…あれ……消えてく……何か…とても大切な事が……」


『「あ、あの……」
「え?」
「……少尉ですか?」』


さくら「……嫌……嫌だ…やめて……忘れたくない……。」


『いつも……ふたりで……』


そして1人の乙女は


さくら「……いやぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!!」



無に帰る。



次回

『サクラ大戦~夢の通い路~』2:第一章「夢の始まり」
-日本・帝都-チュンチュンチュン…大神「んっ………はぁ~~っ!よしっ、今日も一日頑張るか!」ベッドから起き上がり、大きく伸びをして気を引き締める。大神「…これがみんなで勝ち取った幸せだ」大久保長安との死闘から早や一年。朝日のさす小窓から外を覗き込み、街の平和と希望を噛みしめる。

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーリンク

シェアする